その他
「顔相学で見る、あの人のホントノトコロ」第57回

玉森裕太『ぴんとこな』は当たり役!ジャニーズの演技派俳優として芸能界をひっぱっていく

【ハピズムより】

pintokona.jpg
ドラマ『ぴんとこな
公式サイトより

――顔はその人の本質をあらわし、真実を宿す場所。顔面評論家で知られる池袋絵意知先生に、話題の芸能人の“顔”から、テレビだけではわからない、ホントの姿を検証してもらいます。

 18日にスタートした、Kis-My-Ft2の玉森裕太主演の歌舞伎ドラマ『ぴんとこな』(TBS系)。初回は2時間3分のスペシャル版だったが、少女コミック原作×ジャニーズということで、視聴者が女子に限定されたか平均視聴率は8.7%と振るわなかった。しかし、ドラマを見て玉森裕太という役者に大きな可能性を感じた。その理由を顔相から分析したい。

 「最近、男の若手俳優はパッとしたのがいないな」と思っていたところ、7月の頭に書店でテレビ情報誌を見て、表紙の若手俳優に目がいった。一瞬「誰だろう? この好青年は?」と思ったら、キスマイの玉森で驚いた。それまでは、“典型的な「カッコつけ」の男の子顔”だと思っていたのだが、全然違う顔だったのだ。

 以前は、威圧的な目だったのが、とても穏やかな目になっていた。さらに細かく分析しようと過去の写真と比較してみると、形も変化していて「ツリ目」から「タレ目」になっていた。超上がり眉だった眉も、超のない上がり眉になり、眉間を寄せてカッコつけるのではなく、ニュートラルないい表情をしていると思った。

続きを読む>>

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク