サイ女の「文壇ゴシップ劇場」

痛い女化した美人作家・綿矢りさに、「島田雅彦に手を出された」という仰天のうわさ

痛い女化した美人作家・綿矢りさに、「島田雅彦に手を出された」という仰天のうわさ

 高校在学中に刊行された処女作『インストール』(河出書房新社)が話題になった、女流作家・綿矢りさ。翌々年の19歳の時に出版した『蹴りたい背中』(同)は芥川賞を受賞し、綿矢のルックスのよさも注目を浴びた。一時期はメディアの寵児となり、テレビ出演も頻繁に行うほど、人気を集めていた。しかし、ここ数年表舞台から遠ざかっていた期間に、知られざる“交際相手”の影が存在していたという。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

痛い女化した美人作家・綿矢りさに、「島田雅彦に手を出された」という仰天のうわさのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 島田雅彦文壇ゴシップ綿矢りさのニュースならサイゾーウーマンへ!