その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「メンバーのとこに帰りたい」玉森裕太が極限状態で漏らしたKis‐My‐Ft2への愛

miyatama01.jpg
「タンマミ~ヤ」こと宮玉コンビ

 7月12日の『A-Studio』(TBS系)にKis‐My‐Ft2玉森裕太が出演しました。簡単なプロフィール紹介の後、「『タンマミ~ヤ』って言われてた時代があったんやよな?」といきなりコアな質問をする司会の笑福亭鶴瓶。鶴瓶はこの“タンマミ~ヤ”の相方・宮田俊哉を取材し、2人のとっておきの話を聞き出します。

 ジャニーズJr.時代、ずっと怒られてばかりだったという宮田と玉森。「一緒にいる時間も多くて。(一緒に)怒られる時間も多かったので、わかり合えるんですよね、宮田とはすごく」と唯一無二の存在であることを強調する玉森ですが、実は宮田をずいぶんと手玉に取っているよう。宮田は年上なのに呼び捨てにされ、仕事終わりに自宅に呼び出されたり、ドライブした際「食事しよう」と誘えば「オレもう食べたから」と一蹴されたり……。1人1台レンタカーを運転し温泉へ行ったそのドライブでは、玉森に後ろから付いて来るように伝えていたはずが途中で抜かされてしまったとか。玉森は「(自分が)遅いんじゃないかな」と気を使って先に行ったそうですが、宮田による一連の証言に「よく話しましたねぇ、いろんなことを!」とおなかいっぱいの様子でした。

 こんな風に宮田に接するようになったキッカケは、その出会いにアリ。周りから「宮っち」と呼ばれていた宮田に、親しみを込め……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク