ドラムロール鳴りっぱなし

矢口真里に「芸人転身」の復帰プラン、今田耕司が「池乃めだか枠でいける」!?

yaguchimari01.jpg
「そこの枠があったんだ!」

 不倫・離婚スキャンダルで、現在のところ、芸能活動休止状態が続いている矢口真里。一部報道では、レギュラー出演していた2番組を降板していないことが報じられ、今後その番組を軸に復帰のタイミングを見計らうとみられているが、まだまだ調整がついていないようだ。そんな矢口に、とある中堅芸人が救いの手を差し出しているという。その思惑に迫った。

 離婚後、ずっと行方をくらましていた矢口。しかし、一部マスコミが、最近の様子をキャッチしたという。

「東京の下町にある実家近くに借りた、高級賃貸マンションに戻ってきているようです。ホテル暮らしなんて、精神的にも金銭的にも1カ月が限界だったのでしょう。近所では、サングラスに高いヒール姿で買い物しているらしく、周辺住民に矢口の存在はバレまくっています。大スキャンダルでしたから、『もっと謙虚な格好はできないのか!?』と入店拒否するお店もあるようです」(芸能関係者)

 そんな中、矢口に「これを機に、芸人に転身しては?」と救いの手を差し出しているのが、今田耕司だという。

「矢口とは、これまでバラエティ番組で何度も共演しており、彼女のタレントセンスは今田も認めている。それだけに、今田は矢口が仕事を干されている現状が悔しいようで、くだんのプランを提案したようです。具体的には『矢口なら、池乃めだか師匠に続く“チビッ子芸人枠”で活躍が見込める。吉本新喜劇なら、即マドンナ役で決定やで!』と関係者に話しているとか。多くの番組で司会者を務め、キャスティングにも影響力がある今田だけに、本気で動きだしたら実現しない話でもないですよ」(テレビ局関係者)

 また、今田の提案には、矢口を救う以外にも、別の思惑が見え隠れしているようだ。

「これまで、干された芸能人の復帰を率先してサポートしていたのが、今田の事務所の先輩・明石家さんまでした。それを今回、今田が買って出ようとしているのは、同世代の東野幸治や後輩のナインティナイン、ロンドンブーツ1号2号らキャスティング権を持つ芸人との“差別化”を図りたいからではないでしょうか。矢口の復帰が成功すれば、今田のタレントランクも、もう一段アップする形になりますからね」(同)

 今田の矢口芸人転身計画は、吉と出るか凶と出るか――?

バッシングに対し「今日はこのくらいにしといたろか~」でOK

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク