女優が自らの濃厚セックスライフを基につづった“究極の満足”

【messyより】

sexbook0707cw.jpg
「サティスファクションー『SEX AND THE CITY』サマンサからの愛の贈り物 新装版ー」エクスナレッジ

セックスに正解はないとわかっていても、本音をいえば誰かから答えを教えてもらいたい。正しい愛し合い方って? 失敗しないベッドテクニックって? 多くの人がそう願ってやまないせいか、ハウツーセックス本はいつの時代も注目を集め、ときにベストセラーに躍り出ます。でも実際、その内容はどうなの? ほんとうに役に立つの? そんな疑問に答えるべく、時代を彩ったハウツーセックス本を再検証。盗めるワザは盗んじゃえ!

サティスファクションー『SEX AND THE CITY』サマンサからの愛の贈り物 新装版ー
著者:キム・キャトラル & マークレヴィンソン
2008年8月発売 エクスナレッジ ※オリジナルは、2002年刊行『サティスファクション―究極の愛の芸術ー』

 『SATC』のサマンサ姐さんが、セックス本を書いていた! いえ、実際はサマンサを演じる女優、キム・キャトラルの著書ですが、奔放でセックスに積極的な役を演じる彼女がセックスを語るとあっては、期待も高まります。米国で本書が発売されたのは2002年。当時46歳のキム姐さんは、オーディオメーカーCEOのマーク・レヴィンソンと結婚していました。

 本書は、夫妻がリアルに実践して“サティスファクション=満足感”を得たベッドテクニックで構成されています。セピア色のイラストが上品&エロティックでありながら、わかりやすいのもポイントです。

 でもフェロモンだだ漏れの姐さんのこと、いろんな人からサティスファクションをもらったでしょ? と思いきや、「わたしの性経験は3年前までほとんど満たされないものでした」「セックスに不満をもちながら、20年も過ごしてきた」と序文でカミングアウト。色っぽい人にはセックスのチャンスも多く訪れるけど、得てして男性はがっつきがち。めくるめく快感とは無縁だったようです。マークが初めてサティスファクションを与えてくれた…となると、彼のテクニックに俄然、興味がわきます。

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  18. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  19. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ