予想外に改編成功?

ドラマは好調のフジテレビ、『ピカルの定理』打ち切りよりヤバイ番組は……

pikaruteiri.jpg
『ピカルの定理マガジン』(扶桑社)

 春ドラマでは『ガリレオ』『ラスト・シンデレラ』『家族ゲーム』と、ヒットドラマを世に送り出したフジテレビだが、バラエティー番組などの視聴率はどうだろうか。4月からゴールデン枠に移動した『ピカルの定理』は、初回SPから6.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大コケし、以後も一桁を連発。2日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)では打ち切りの危機にあると報じられており、番組の今後が注視されている。

 『ピカル』以外では、4月から『アウト×デラックス』『人生の正解TV~これがテッパン!~』『テレビシャカイ実験 あすなろラボ』などのバラエティーも開始している。『アウト×デラックス』は、午後11時台にもかかわらず10%超えを記録し人気も安定している。

 『人生の正解TV』は、3月まで『料理の鉄人』のリメイク版『アイアンシェフ』が放送されていた金曜午後8時台の枠。同時間帯は15%超えを連発する『ぴったんこカンカン』(TBS系)が圧倒的な強さを見せているためトップを穫るのは難しいが、視聴率は5~9%と『アイアンシェフ』ほどの低迷はしていない。6月7日には9.2%を獲得し『ミュージックステーション』(テレビ朝日系、8.4%)に勝ったこともあった。

「3月までドラマ枠だった日曜午後9時台は、低視聴率のため廃止され、4月から『あすなろラボ』が放送されています。初回から6月2日までは4~6%と瀕死状態でしたが、6月9日に東進ハイスクールの講師・林修氏が登場すると12.2%と急上昇。その後も同校に関連した回では8.9%、9.2%と上向きになりつつありますが、通常放送に戻った後も数字を維持できるかが問題でしょう。『ピカル』以外のバラエティーについては、テコ入れに成功したり、前枠より上昇傾向にあるので、今のところは改編の効果があったと感じますね」(芸能ライター)

 4月からはドラマ、バラエティーともに奮闘を続けているフジテレビだが、一番危険なのはお昼のワイドショー『アゲるテレビ』だ。一桁後半の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に対向する形で始まったが、実際には1%台を記録するなど、まったく太刀打ちできていない状況だ。

そんな中、『アゲるテレビ』は開始から2カ月ほどたった6月10日の放送からリニューアルを実施。朝の『めざましテレビ』でお馴染みの軽部真一アナウンサーが加入し、元日本テレビの西尾由佳理アナウンサーとコンビで司会進行を務めているが、6月中も3%を超えることはなかった。前枠の『知りたがり!』が1年で終了を迎えているだけに、『アゲるテレビ』は苦難の道が続きそうだ。

 しかし同局は、6月27日の株主総会で『ロングバケーション』『踊る大捜査線』などの人気作をプロデュースしてきた亀山千広常務が社長に昇格することが正式決定されている。5月に開かれた会見の時点で亀山氏は、「視聴率の回復が一にも二にも大切」と目標を掲げており、これから同局の本格的な“改革”がスタートする。吉と出るか、凶と出るか――。

亀ちゃんガンバ~(適当)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  7. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  8. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  9. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  10. “消えたAKB48”河西智美は今
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  15. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  18. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  19. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ