大人気キャラの行方……

「中国にお帰りいただきました」新潮文庫のパンダ「Yonda?くん」解雇説の真相

yonda.jpg
新潮社公式サイトより

 1日、新潮社から新潮文庫の新キャンペーン「ワタシの一行」が発表された。同日の記者会見では、タレント・中川翔子と作家・石田衣良がPRを行ったが、ネット上などでは、かねてから同社のマスコットを務めていた「Yonda?くん」の去就について、さまざまな情報が飛び交っている。

 Yonda?くんは愛らしいパンダ姿のキャラクター。同社が展開する「Yonda?CLUB」では、新潮文庫のカバーに付いている応募マークを集めると、Yonda?くんグッズをもらえるキャンペーンを実施。「他社にもこうしたマスコットキャラクターは多数存在しますが、Yonda?くんはダントツの人気を誇っています」(出版関係者)というが、今回の新キャンペーンの開始と共に「解雇されてしまった」という情報も流れている。

 本サイトはYonda?ファンを代表して、新潮社広報部を直撃した。

「解雇なんてとんでもない! Yonda?くんは1997年から足掛け16年、弊社のマスコットとして活躍してくれた大功労者です。長い任務を果たしていただき、ようやく中国にお帰りいただくことになりました」(広報宣伝部長・伊藤幸人氏)

 解雇ではなく、任期満了に伴う引退といったところか。しかしやはりYonda?くんは、新潮文庫からその姿を消してしまうことになる。

「Yonda?くん以外の新キャラクターが登場するというわけではありません。彼は、簡単に別のキャラクターに差し替えられるような、軽い存在ではありませんからね。野球でいえば、ずっと4番打者としてグラウンドに立ち続けてきた名選手。十二分に健闘した末に、ご勇退いただくというわけです」(同)

 なお「Yonda?CLUB」は来年1月中旬頃まで運営予定で、詳細については、近く同社から正式発表が行われるという。しかし、もうYonda?くんに会うことはできないのだろうか?

「版権に関しては、イラストも名称も新潮社で所有しているため、今後も何らかの形でYonda?くんを目にする機会はあるかもしれません。弊社サイトや書店の文庫コーナーにも、まだYonda?の姿は残っていますし、時期が来れば、すべてを完全に撤去してしまうというものでもありませんから。来年に向けて静かにフェードアウトしていくことにはなりますが、今まで本当にお疲れ様でした、というのが私の正直な気持ちです」(同)

 かつてYonda?くんグッズのために新潮文庫を買っていたという読者の方は、残り約半年で役目を果たす功労者に、再び思いを馳せてみてはいかがだろうか。そして16年間お疲れ様でした、Yonda?くん。

伊藤部長、あたちはスケジュール空いてるよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  9. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  12. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  17. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー