やっぱり女はドSがお好き! 黒髪サラサラヘアの爽やか君の性癖とは?

 普段気を張って仕事に精を出し、人から「頼れる女」なんて言われる女性ほど、実は心の奥底ではストレスが溜まっているもの。「ドSなイケメンにむちゃくちゃにされたい……!」「私だってか弱い女になりきってみたい!」と、夜な夜な妄想に勤しんでいる女性もいるでしょう。しかし、脳内でパターン化された妄想に飽き飽きしていることもあるはず。ここはひとつ、今話題の「ドSなイケメン」が登場するエッチなTL(ティーンズラブコミック)の世界を覗き、自分を解放してみませんか? 今回、「ドSなイケメン」好きにはたまらない、珠玉の3作品を、携帯専用のコミック書店「ベリーベリー!ブック!」からご紹介します!

takanashi_1200_1.jpg

高梨くんの半分はサドでできています』作画:ひのもとめぐる/原案:すみれ

 タイトルからすでに、高梨くんのドSぶりが気になってしょうがなくなる、『高梨君の半分はサドでできています』。

 「顔良し、頭良し、性格良し」と三拍子揃った高梨くんは、大学中の女子を虜にする存在。しかし主人公の凜は、高梨くんの目が笑っていないことに気づき、“胡散臭さ”を感じています。そんなある日、高梨くんの本性が発覚する出来事が勃発。突然、押し倒された凜の目の前には、“にぃ”と怪しげに微笑む高梨くん。体を弄られ混乱する凜に、「人が痛がったり泣いたりするのを見ると興奮するんだよね」と衝撃のドS告白が飛び出します。果たして、痛みと快感に翻弄される凜はどうなってしまうのでしょうか?

 高梨くんの黒髪サラサラヘア&細身のシャツ姿は、多くの虐められたい女性のハートをぶち抜く必須アイテム。「正直、下ネタとか苦手」というようなさわやかな雰囲気を醸し出しながらも、実は……という設定がおいしいんですよね! そんな高梨くんの“標的”となった凜ですが、彼女のS心をくすぐる無意識のテクニックは、非常に勉強になります。高梨くんの言動に、敏感すぎるほど反応する凜に、思わずこちらまでドキドキしてしまうはず。『高梨くんの半分はサドでできています』は、男日照りの女性に、「無表情が男を遠ざける」という教訓まで与えてくれる作品です!

honmono_1200_1.jpg

ホンモノを教えてあげる』作画:ワヤマジン/原案:らむね

 その存在だけで「エロい」と言わざるを得ない、「保健室のイケメン先生」が登場する『ホンモノを教えてあげる』。

 処女を喪失したばかりの女子高生・早川綾音。幼馴染の彼氏のことは好きだけれど、セックスを苦痛に感じるという悩みを持っています。そんな時、校内の女子生徒から絶大な人気を誇る保健室のイケメン先生に、「保健の授業」としてセックス講義を受けるはめに! 目隠しをさせられ、ベッドに縛り付けられ、先生のいじわるな手ほどきを受ける綾音。彼氏とのセックスでは感じ得なかった快感が体を駆け抜けます。彼氏と先生の間で揺れ動く綾音の行末はいかに?

 現実世界での保健室の先生といえばオバちゃんが基本。しかし『ホンモノを教えてあげる』の先生は、校内でタバコをくゆらせながら、一応は教え子である綾音に、かなり際どいエッチな発言もしてしまう“悪イイ男ぶり”を発揮しています。けれど、れっきとした「白衣を身にまとった保健医」であるというギャップが興奮を掻き立てますよね。

 また、幼馴染の彼氏と先生の間で心が揺れ動いてしまう綾音も『ホンモノを教えてあげる』の見どころの1つ。その罪悪感に苛まれる綾音の姿に感情移入すると、さらにドキドキが増すこと間違いなし! 罪悪感も、ある意味でM精神をくすぐるもの。「私って本当にダメな女……」と酔いしれながら読むのがオススメです。

shinsatsu_1200_1.jpg

診察シテヤル。~ドS上司の診療室』作画:村上みちこ/原案:こゆき

 「シテヤル。」という挑発的な言葉に、思わず「されちゃう、されちゃう!」と両手を挙げてしまいそうになる『診察シテヤル。~ドS上司の診療室』。

 仕事へのやる気に満ち溢れる新米ナース・美紀が配属された「内科B」。モデル顔負けのイケメンドクター・八神先生の元で働けるとのことで、同僚からは羨望の眼差しが向けられます。しかし、この「内科B」の実態は、「SEX科」! 不感症の患者さんを、目隠しやおもちゃ、八神先生のテクによって治療、また患者さんの目の前でセックスを実践するなどの、超エッチな科だったのです。面食らう美紀でしたが、八神先生からの指導は過酷さを増すばかりで……。

 「イケメンドSドクターによるエッチな診療」は、淋しい女たちに妄想され尽くしたといっても過言ではない王道ネタ。しかし、『診察シテヤル。~ドS上司の診療室』は、「SEX科」という有り得なさすぎる、もとい夢のような設定で、読者をぐんぐん魅了。患者の痴漢、SM、お仕置き願望、さらには不感症など、さまざまな性の悩みもイケメンドSドクターが解決します。

※「ベリーベリー!ブック!」は、ドコモ、ソフトバンクのスマホのみ対応で、auには未対応です。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー