芸能界、闇の必殺仕事人

「あいつを徹底的に追い込んでくれ」芸能界から消えたタレント、その“潰し方”とは

hiromi01.jpg
嫁ラブな愛妻家だと思ってたのに!

 第一線で活躍していた芸能人が、ある出来事を境にこつ然として表舞台から消える。今の矢口真里の動きを見ていると、芸能界から着実に干されつつあるのがわかる。自身の積み上げてきたキャリアが一気に消し飛んでいく恐怖たるや、相当のものなのではないだろうか。

 そんな干され芸能人の中には、世間にはまったく知られることのない闇のグループの工作により、お茶の間から消されてしまった哀れな人たちもいる。

 日比谷のホテルで待ち合わせた50代半ばの小太りの男性T氏。表向きの顔はスポーツイベントやアイドルタレントの興行を取り仕切るプロモーターだが、中部地方で長年、某組織の代紋を預かる幹部でもある。

「この仕事を本格的にするようになったのは、平成に入ってからだね。主な取引先はバーニングプロダクションのS。彼とは昭和40年頃からの付き合いでね。俺も最初はビックリしたよ、Sが『どうしても潰したい芸能人がいるからTちゃん頼む! 死ななければ何してもいい!』なんて言うんだ。長い付き合いだから、むげに断ることもできないしね。どうやって追い込むか? まぁ俺たちが使う方法は、グループで行う典型的な脅しだな。それに『俺流』の効果あるアレンジを加えてるよ(笑)」

 バーニングのドンS氏の周りには、常にキナ臭いうわさが漂っている。T氏率いるグループは、そのS氏の闇の部隊ということなのだろうか。

■標的となった芸能人とは

「2003年末頃だったな、Hを潰してくれって言れてね。どうもSが目をかけていた女に手を出しちゃったみたいでさ、『あいつを徹底的に追い込んでくれ』って、そりゃとんでもない剣幕だったな(笑)。マチャアキの逆鱗に触れたって言われてるけど、あれは表向きの理由。実際は、Sの女を寝取った制裁的な意味合いが強かった」

 大御所の逆鱗に触れて追放されたHだが、その相手が堺正章ではなくバーニングのS氏だったとは……。

 その徹底ぶりは警察も顔負けである。

「まずは内偵。Hの個人情報は、ウチの表企業で顧問を依頼している県警OBからもらって、バーニングからは奴のスケジュールをもらって、スタジオの出入り、ロケ先まで完璧に把握する。俺のグループには通信機器の得意な奴がいてね、そいつにHの愛車に発信機つけさせたり、収録中に楽屋で携帯電話を拝借して、友人・知人の連絡先も確認させた。外堀を埋めた後は、実働部隊の出番だ」

■Hを追い詰めた手口

「まずはメールだな。お前の裏を知っている人間がいるんだ、ってことを知らせる。移動中に写真を撮ってメールに添付したり。彼がアドレスを変更した直後に、『変えても無駄だ』って送った時は、しばらく自宅から出てこなかったな。仕上げは交友関係から、最近付き合ってる女を突き止めてね、お楽しみのとこを押えさせてもらった。接触は最後だけだ、シンプルな質問をする。『表舞台から潔く消えるか、もっと不幸な目に遭いたいのか』、もうその時点で抵抗する奴はいないわな。え? どうしてそこまで徹底的にできるかって?そりゃギャラがいいからね(笑)。まぁ大手企業のCM制作費くらいはもらえると思ってくれよ。俺たちは、芸能人の最後を演出する裏プランナーみたいなもんだな(笑)」

 その後、Hが表舞台から一切姿を消したことは、皆さんご存じの通りだ。T氏は得意げに続ける

「最近だとKもSから依頼されたな。『俺のことをベラベラしゃべるバカがいるから、どうにかしてくれ』って。あいつの場合は本人へのアプローチはもちろん、直近でやろうとしていたイベントの関係先にも圧力をかけた。次々キャンセルになって、相当あいつの精神にこたえたらしい。最後はKの実家近くで本人に『あんた、疲れただろ? しばらく表舞台から身を引いた方がいいんじゃないのか?』って忠告したら泣き崩れたな(笑)。それから間もなくだ、無期限休養を発表したのは」

 やはり巷でささやかれていたバーニング激怒説が正しかったと確信すると同時に、S氏の敵対する者への容赦ない攻撃に背筋が寒くなる思いだった。

■女タレントの潰し方

「Iが事務所とギャラで揉めた時は、彼女がホストとベッドにいる写真を差し出して『お前もKみたいになりてーのか?』って言ったら効果てきめん。もちろん、そのホストを仕込んだのは俺だけどね。それだけで事務所の言うことを聞くようになったな。ま、俺、女には優しいから」

 バーニングは、資本力の低下した事務所に資金を提供する代わりに、系列、業務提携を持ちかけ吸収。その枝葉を伸ばし、いまや芸能界の最大派閥といっても過言ではない存在となった。この隆盛の一翼を担っているのが、T氏のような決して表に出てくることのない闇部隊の存在なのである。
(高須基三)

芸能人なんてなるもんじゃないね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  9. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  19. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー