ボインの女と子作り実験!? 『絶対★は~れむ』で男のバカバカしい欲望を学ぶ

zettaiha-remu.jpg
『絶対★は~れむ』/双葉社

 今回ご紹介する『絶対★は~れむ』(双葉社)は、いわゆる青年向けのエッチなマンガ作品。「ぼい~ん」という効果音が聞こえてきそうな表紙に、「おっぱいは、でかければでかいほどいい!」という男の清々しいまでの欲望が表れていますよね。ストーリーも、男の夢がパンパンに詰まった内容になっています。

通称・白子先生の異名を取る、新堂教授が「男1人と女4人が同居し、女性4人は平等な妻のように暮らす」という前代未聞の子作り実験を始動。その募集を見かけた晴(ハレ)は、参加することを決意する。そんなハレが心配で仕方ない幼馴染みの彩花(あやか)は、自らも被験者となることに。ハレと彩花と一緒に暮らすことになったのは、夏蘭(さまら)、香夜(かや)、神琴(みこと)、そして新堂教授の助手兼邸内監視役の大学助手・和湖(わこ)。個性的なメンバーが集結する中、子作り実験はどんな展開を迎えるのか――!?

 さながら男の竜宮城とも言うべき設定の『絶対★は~れむ』に、女としてはバカバカしさを感じなくもありません。しかし、恋愛がうまくいかず、飲み屋で女友達と「男って一体何考えてるんだろうね」などと語り合っているより、『絶対★は~れむ』を読んだ方が、ずっと男心がわかるのではないでしょうか。今からボインになるのは無理でも、男の下心をくすぐるテクニックは学べるかも!

 今なら「Renta!」で、『絶対★は~れむ』の1巻が無料で丸ごと読めちゃうキャンペーンを実施中。簡単な登録だけですぐに読めるので、ぜひアクセスしてみてはいかがでしょうか。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク