計算ではなく天然! ブラピ、チャーリー、ブルック・シールズの“パパラッチ操縦法”

Brooke-Shields.jpg
ブルック姐は顔は怖いけどチャーミングなのよ~

 昨年から、世界的アイドルのジャスティン・ビーバーがパパラッチ相手に本気で怒りまくる姿が次々とゴシップサイトに掲載され、話題となっている。愛車のフェラーリを停車させ、後をつけてくるパパラッチに文句を言って交通渋滞を引き起こしたり、ビルの外で彼を待つパパラッチにペットボトルを投げつけたり。ムスッとした態度でパパラッチにぶつかることもあるので、パパラッチからはとてもウケが悪く、ロンドンのパパラッチたちからは口汚く罵られてしまうほど嫌われている。

 24時間パパラッチに追い掛け回されるのは、嫌気が差してしまうもの。高値で売れる良いショットを撮ろうと、強引な行動をとったり、無謀運転をするなどのパパラッチもおり、セレブたちは危険極まりないと憤りをあらわにしている。だが、パパラッチたちも、嫌われ者という立場に甘んじているわけではない。パパラッチを毛嫌いするセレブたちは、悪意が感じられる不細工なショットを撮られることが多く、なにげに復讐をされているのだ。半面、パパラッチにフレンドリーに接するセレブは、好意的な写真を撮られることが多い。

 今回は、そんなパパラッチたちを上手に味方につけた「パパラッチにウケがいいセレブ」を、エピソードと共にご紹介しよう。

パリス・ジャクソン

 父マイケル・ジャクソンが、「自分の子どもだと追い掛け回され、普通の子ども時代を過ごせない」として、一緒に外出する時は必ずマスクをつけさせ、顔をばれないようにと必死に守っていた、3人の子どもたち。2009年6月にマイケルが急逝してからは、本人たちや周囲の大人たちの意向で堂々と顔を出すようになったが、さすがのパパラッチも最初は控えめに彼らを撮っていた。

 しかし、長女パリスが思春期に入り、美しく成長。Twitterなどで自分の意見を包み隠さず表現するなど、「パパラッチしがいのある」女の子になってきた頃から、パパラッチは彼女をマークするように。マイケルのおかげで、すでにパパラッチ慣れしていたパリスは、彼らの存在に神経をとがらすこともなく、手を振るなどサービス旺盛。最初のうちは、マイリー・サイラスに間違われ、一緒にいた兄のプリンスが「ぎゃははは」と大爆笑したことがあったが、その時もパリスはおどけた顔でポーズを取るなどチャーミングに応戦。

 11年にはパリスを追いかけようと必死なパパラッチが信号無視をし逮捕されているが、彼女は「彼らも仕事をしている」というスタンスでパパラッチに接しており、先日は、母親と一緒にいるところまで追っかけてきた数名のパパラッチに、「ピザ買いに行くの。欲しい?」と聞いたり、相変わらずフレンドリーだと絶賛されている。先日、パリスが自殺未遂した時も、パパラッチは本気で彼女のことを心配していた。

ブラピのスッポンポン写真が見たい人は編集部に連絡を!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. キャラ変え好調の乙武洋匡
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  16. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決