一応、自分政治家ッス

維新ガールズ・佐々木理江は“デスアイドル”!?  東原亜希を越える呪いとは

sasakirie.jpg
『Little Flower』/ラインコミュニケーションズ

 日本維新の会から昨年12月、衆院選で東京21区から出馬し落選したのに続き、23日に投開票された都議選で日野市選挙区から出馬したものの惨敗した元グラドル・佐々木理江。今回の惨敗は橋本氏の「慰安婦発言」などによる、維新の会への逆風が最大の要因といわれている。しかし、その維新の会逆風の原因は佐々木にあるのでは……? と業界関係者の間で話題になっている。

「ブログで話題にしたものが、次々に不幸に見舞われるという『デスブログ』の主・東原亜希に負けないデスぶりで、佐々木は一部で“デスアイドル”と呼ばれ始めています」(週刊誌記者)

 “小倉優子の妹分”として売り出されていた2008~09年頃、所属していたアヴァンギャルドの社長愛人疑惑が出るほど、牧野昌哉社長の佐々木への寵愛は知られていた。しかし、その牧野社長は09年3月に脱税で逮捕。

 また、先日結婚したボートレーサーの中野次郎は東京を代表する実力派レーサーで、11年の獲得賞金は約5,500万円、獲得賞金ランキングでもベスト20に入っていたが、交際が発覚した12年からは成績が急降下、昨年は獲得賞金ランキング100位以内にも入っていない。100位の獲得賞金が約3,000万円のため、収入が半減していることがうかがえる。「中野の不調ぶりを目の当たりにしているボートレース関係者の間で、佐々木はサゲマン認定されている」(スポーツ誌記者)そうだ。

 昨年12月の衆議院選も、マスコミ上では追い風が吹いていた維新の会。佐々木も「美人すぎる維新候補」としてさまざまなメディアで取り上げられ、当確を打つ週刊誌も多かった。しかし蓋を開けてみれば、下馬評とは裏腹に惨敗という結果に。

「12月の衆議院選では172名の公認候補のうち54議席を獲得。第三党に躍進しましたが、今回の都議選では2議席のみ。佐々木にいたっては、知名度は抜群ながら最下位。さらに維新は分裂の危機にまで発展しています。1年もたたずにここまで崖っぷちに追い込まれているのは、佐々木の呪いだといわれても仕方ないかもな、なんていわれてます」(ワイドショースタッフ)

 好調だった人物が、続々と不幸に見舞われていく……。その能力を別の路線で使うことを検討してもらいたいものだ。

谷亮子と佐々木理江がいる政界ってどうよ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー