[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「YOUアリーナ行くよ!」Hey!Say!JUMP仕様の鹿児島市バスにファン大歓喜!

jumpkawaii.jpg
鹿児島はジャニオタフレンドリーな県として認知されました!

 鹿児島市内を走っていたとあるバスが、ジャニーズファンの間で話題沸騰中だ。現在コンサートツアー中のHey!Say!JUMPが6月23日、鹿児島アリーナでコンサートを開催。当日は鹿児島中央駅西口からコンサート会場までの臨時バスが出ていたのだが、そのバスが “粋なサービス”をしていたと、感嘆の声が上がっている。

 実際にバスを利用したファンが写真を撮影し、Twitterなどに画像をアップ。ファンが喜んでいるのは、バスの前方上面に「Hey!Say!JUMP 全国へJUMPツアー 2013」と、行き先が表示されていたことや、側面の方向幕に「YOU→このバス→アリーナ→行くよ!」と、遊び心のあるメッセージが掲示されていたことだった。

 当日乗車したファンが感動しているだけでなく、画像を見た人からも「鹿児島のバスすごい! こういうサービスいいな」「ジャニーズファンの心掴みすぎ」「行き先表示がジャニーさん口調ww」などと好反応の意見が寄せられている。

 会場となった鹿児島アリーナは鹿児島市が管理する施設で、話題となっている臨時バスは、鹿児島市交通局が運行しているもの。多くのジャニーズファンの心を捕らえたこのバスはどういう経緯で作られたのか――。サイゾーウーマンは、同局の担当者に詳しい話を聞いてみた。

 レイアウトを発案した交通局総務課の担当者は、ネットで話題になっていることを伝えると少々驚いていたが、バスにツアー名を入れることになったきっかけについて、次のように答えてくれた。

「事の発端は、今年3月のMr.Childrenさんのコンサートの時に自分の独断で何気なくやったことなんです。当日になって文字を出してみたら、職員やファンの方もみんなビックリしていましたね。そして、次はHey!Say!JUMPさんのコンサートが開催されるということで、社内が『当然やるだろう』という空気になったので、今回もこうしたレイアウトになりました。『YOU』といった言葉を入れたのは、今回が初めての試みです」

kagoshimabus.jpg
もはやオタ専用のトロッコといった風格

 ネット上では、ファン心理を突いたサービスや、ジャニー喜多川社長の口調を思わせる文言が入っていることから「担当者はジャニーズファンではないか」と話題になっている。しかし、担当者の男性は「自分はとりわけジャニーズさんに詳しいわけでもないんです。ジャニーさんの口癖が『YOU』だというのは、昔からテレビなどで見て知っていました。なので『それを取り込んでやってみたら面白いのではないか』と、個人的な考えでやってみました。今まで路線バスをバチバチ撮影するなんて、バスマニアしかいませんでしたし、若い女性が路線バスに注目することなど、まずないものだと思っていました。ほんのちょっとでも、バスを身近に思ってもらえたら私としては満足です」と、意外な経緯を語ってくれた。

 Twitterのファンの書き込みによると、コンサート会場へ向かうファンに「楽しんできてくださいね」と言って送り出した運転手や、帰りのバスでは案内係が「お家に帰るまでがコンサート。気を付けてお帰りください」などと声をかけていたという。同局ではバスのレイアウトでファンを喜ばせただけでなく、関係者が一丸となって当日の運行にあたっていたようだ。

kagosimabus02.jpg
バスマニアも喜ぶ圧巻の一枚

 駅から会場までをつなぐ臨時バスは、同会場で行われる全てのイベントで出ているわけではなく、周辺の交通状況の混雑が予想されるイベントの場合のみ、運行が決定されているとのこと。今後の臨時バスの運行について、バス事業課の別の担当者は、こう説明してくれた。

「もちろん全イベントというわけではないですが、必要性があるイベントなどにつきましては、今後も引き続き運行して参りたいと思っております。こうしてお電話をいただいて、あらためて注目してくださっている皆様が多いということを感じました。特にコンサートの場合は皆様が楽しみに行かれるイベントですので、我々もそのお手伝いができれば、と言う風に考えております」

 こうした地元の温かい歓迎は、旅行客にとって何事にも代えがたい思い出の1つ。鹿児島市交通局の粋な心意気に心温まったファンにとっては、より忘れられないコンサートになったことだろう。

これからは鹿児島遠征デフォにするわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク