20周年にケチがついた!

安室奈美恵とTLCのコラボに、レフト・アイの遺族が激怒!

amuronamie02.jpg
安室が原因というより、TLCと遺族側の問題

 90年代にHipHop・R&B界をリードしたグループ「TLC」が、デビュー20周年を記念し制作したアルバム『TLC 20 ~20thアニヴァーサリー・ヒッツ~』に、安室奈美恵とコラボした『ウォーターフォールズ』(20th アニヴァーサリー・ヴァージョン)を収録。安室は2002年に事故死したレフト・アイのパートをしっとりと歌い上げており、日本で大きな話題となっている。しかし、レフト・アイの遺族はこのことを事前に知らされておらず、「裏切られた気分だ」と激怒していると報じられている。

 1992年、レコードレーベル「LaFace」からファーストアルバム『Ooooooohhh… On the TLC Tip』をリリースし、クリエイティブなスタイルと元気いっぱいなカラフルファッションで、たちまち人気者となったTLC。リーダーでセクシーなT‐ボズ、抜群の歌唱力を誇るチリ、ラップ担当のレフト・アイの絶妙なバランスで絶賛されるようになった。その後、P・ディディことショーン・コムズがプロデュースしたセカンドアルバム『クレイジーセクシークール』(94)で、大人っぽいイメージにシフトすることに成功。1,100万枚のアルバムセールスを誇り、グラミー賞2部門に輝くなど、ガールズR&Bとしてトップの地位を確立した。収録された曲の中でも「ウォーターフォールズ」は全米チャート7週連続1位を記録。世界的な大ヒットソングとなり、TLCの代表的な曲となっている。

 着実にキャリアを積み上げていたTLCだが、LaFaceの前に契約していたレーベルから契約不履行で訴えられ、多額の借金を抱えることになったためにメンバー全員が破産宣告をするなど、なにかとトラブルに見舞われた。

 中でもレフト・アイはトラブルメーカーとも呼ばれ、恋人でアメフト選手だったアンドレ・ライゾンとケンカし、同棲していた豪邸のバスタブでテニスシューズに火をつけたところ、一気に燃え広がってしまい邸宅は全焼。5年の執行猶予の判決を受け、大きなイメージダウンになってしまった。また、自分の曲が採用されないことに腹を立ててメンバーに対して挑発的な発言を繰り返し、「解散間近か!?」とゴシップの的にも。このように気性の荒いレフト・アイだったが、一方で新しいアーティストを発掘したり、チャリティーに精を出したり、養子を迎えるなどポジティブな活動も行っており、晩年はスピリチュアルに目覚めさせてくれたホンジュラスを頻繁に訪問。2002年4月25日、そのホンジュラスで自動車事故を起こし即死。30年の短い生涯を終え、以後、TLCはT‐ボズとチリの2人で活動している。

 「『キミの左目に惚れたよ』と口説いた男がいてね。それからレフト・アイってニックネームがついたの」と発言していた彼女の早すぎる死を嘆き悲しむファンは、今なお多い。09年には、未発表音源集アルバム『Eye‐Legacy』がリリースされ、話題に。その中の「Neva Will Eye Eva」「Crank it」には、妹のレインドロップ・ロペスがフィーチャリングされており、レフト・アイとのアグレッシブなラップが評判となった。

 レインドロップは弟のロナルドと共に、昨年『レフト・アイ・ミュージック・フェス』を開催。最愛の姉レフト・アイを「いつまでも輝かせていたい」と奔走している。そんな彼女が、米ゴシップ芸能サイト「TMZ」の取材に対して、『TLC 20 ~20thアニヴァーサリー・ヒッツ~』に収録された「ウォーターフォールズ」から姉の歌声が消され、代わりに安室奈美恵が入っていることについて、「憤りを感じる」と怒りをぶちまけたのだ。

 「TMZ」によると、レインドロップは「ネット上にファンがアップするまで、このことを知らなかったの。こんな形でアタシたちを驚かせる前に、ぜひ警告してほしかったわね」と、ぶちまけたとのこと。また、母親もショックを受け、深く傷ついていると明かした。母親は、曲にレフト・アイの歌声を残すことで娘の思い出を輝かせられたのにと、落胆しているとのことだ。

 レインドロップは、TLCが、22日に幕張メッセで開催された『MTV VMAJ 2013』で、06年のマイケル・ジャクソン以来となるレジェンドアワードを贈られたことに関して大喜びしており、13日には「アタシの“日本のファン”はどこ? レインドロップ・ロペスが、MTVアワードに出るため、日本に行くよ! TLCが、レジェンドアワードを受賞するんだ。アタシはリサを代表するんだ!」とツイートしていた。日本ではTLCがパフォーマンスも披露していたが、どうやらレインドロップはT‐ボズやチリと一緒には行動していなかったと見られている。

 T‐ボズとチリの2人と安室の交流は以前からあり、安室の新アルバムに収録される「Hands On Me」のミュージックビデオには2人が登場している。「ウォーターフォールズ」(20 th アニヴァーサリー・ヴァージョン)に、「日本のブリトニー・スピアーズである安室奈美恵をフィーチャリングさせる」ことは、発表当初からアメリカのファンの間でも話題になっていた。レインドロップら遺族も安室がフィーチャリングされたことは知っていた可能性があるが、レフト・アイの歌声が抜き取られ、安室がそのパートを歌うことは知らされていなかったようだ。

 レインドロップや遺族が、TLCを代表する曲からレフト・アイの歌声を抜き取るという行為が許せないという気持ちも理解できなくはない。何も聞かされていなかったということは、T‐ボズやチリと何らかのわだかまりがあるのかと勘繰らずにはいられなくなる。とにもかくにも、大ごとに発展しないことを祈るのみである。

つか、このジャケ写で本当にいいの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク