[TVツッコミ道場]

「オシャレって何なの芸人」で光った、ジャルジャル・後藤の保守的オシャレ観

jyarujyaru.jpg
『JARUJARU IN LONDON』(よしもとアール・アンド・シー)

 今回ツッコませていただくのは、6月13日放送分『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「オシャレって何なの芸人」。

 今回は、「番組スタッフが企画して、番組スタッフが呼び出した」というもので、出演者は麒麟の川島明、有吉弘行、オードリーの若林正恭、博多華丸・大吉の大吉、笑い飯の西田幸治、ジャルジャルの後藤淳平、ハマカーンの浜谷健司。パッと見、別にダサいイメージもない顔ぶれである。むしろどちらかというと、こぎれいなイメージの芸人もいるだけに、「なんでこのメンバー?」と不思議に思うが、「オシャレに保守的な芸人を集めた」ということらしい。

 そんな「保守的な芸人」たちが、「オシャレ代表」益若つばさとオリエンタルラジオの藤森慎吾に対して、次々に投げかけたのが、「意味がわからない」言葉の数々だ。「着崩すって何?」「あえてのハズシって何?」「差し色って?」等々の疑問に加え、こんなツッコミが添えられる。

「着こなすってどういうこと? バイクや馬を乗りこなすのはわかる。意図しないものをコントロールしないといけない。でも、服、別に暴れないじゃないですか。意図しないものを着こなしてるの、ど根性ガエルのひろしぐらい」(川島)
「服に着られるってどういうこと? 我々のカネで購入して着ているものを。服に着られるわけがない」(大吉)

 また、「ファッション誌を読んで参考にしないのか」という質問に対する大吉の答えは、「モデルと僕が生きてきた人生が違う」。

 さらに、若林はこんなこだわりを語る。

「なんでするのかわかんないのがあって。革のベルトみたいの、腕に巻いてるじゃないですか。時計だったら時間見るし、リストバンドなら汗拭くじゃないですか。僕にとっては(ただの革のベルトは)ガムテープ巻いてるのと同じような気がしちゃうんですよ。要らないのにつけてるってことは、『オシャレに見せたい』ってことになるじゃないですか。僕はそれがダサいと思うんですよ。必死感。僕は藤森くんのこと、ずっとそう思ってて」

 さらに、「オシャレに挑戦」企画で、短パン+ジャケット+ピンクのカーディガン肩がけ+赤のニット帽で登場した大吉が、テレつつも、こんな自虐的なコメントをしていた。

「この重ね方、テトリスなら完全にゲームオーバーですよ」
「本当に恥ずかしい(足を出すのが)。靴もあえての(左右)違う、40歳過ぎて半ズボンでこれ、大変なおっちょこちょいですよ」

 何なんだろう、このエッジのきいたコメントの数々は。思えば川島、若林、有吉、大吉あたりって、笑いにおいて「あえてのハズシ」も「差し色」も「着崩し」も自在にできる人ばかりだ。むしろ今回の裏テーマは「コメントオシャレ芸人」か「笑いのセンスオシャレ芸人」か。

 そんな中、結構ガチな感じに見えたのが、ジャルジャルの後藤だった。「足元を軽くする」という趣旨で、益若と藤森のアドバイスを受けつつ、デニムをロールアップして靴下をぬぎ、赤いデッキシューズをはいたのだが……。

 言われるままにやることが、ことごとく「オシャレ」になり、「あえてのハズシ」として有吉に赤のニット帽をかぶされても、やっぱりオシャレになってしまい、「アドバイスした俺がドン小西みたいになっちゃったじゃねえか」と有吉が苦笑する展開になっていた。しかも、当の本人・後藤はそんなやりとりをスルーして、流れ作業のように、デニムのロールアップを元に戻し、きっちり靴下を穿きなおしていたのだ。

 おそらく裾をロールアップするとか、靴下を穿かないとか、本当に気持ち悪いのだろう。多数の「コメントオシャレ芸人」のなか、きっちりしていないといられない、ホンモノの「おしゃれに保守的芸人」を1人だけ見つけた気がした。
(田幸和歌子)

近頃益若のバラエティ売りがうざくね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク