[ジャニーズ・メディアの裏側]

KAT-TUNは私生活で仲よすぎ!? 「カラオケ&飲み行くノリのよさ」の評判

kattun-all02.jpg
不必要に仲良しアピをしないところがまたいいよね~

 ジャニーズの中でも、トガったヤンチャなグループとしてデビューしたKAT-TUN。近年は、野球解説やコメンテーターなどデビュー当初にはイメージできなかったジャンルへの進出が目立っているメンバーたちだが、グループの雰囲気も、かつてとは大きく様変わりしているという。

 2001年にKinKi Kidsの堂本光一の専属バックダンサーとして結成され、05年に亀梨和也・赤西仁が出演した『ごくせん』(日本テレビ系)第2シーズンの爆発的人気により、一躍人気グループとなったKAT-TUN。しかし、その後メンバーが歩んだ道が平坦でなかったことは広く知られている。

「赤西の脱退前後はグループとしてかなり不安定でした。社長のジャニー喜多川氏は赤西のことが大のお気に入りで、絶対にKAT-TUNを脱退させたくなかった。それでも、赤西のワガママを聞き入れ、海外でソロデビューさせたのも、赤西をかわいがっているから。黒木メイサとの間に“できちゃった”のはまだしも、報告もせずに婚姻届を出してしまった時には、開いた口がふさがらなかったそうです。でも、あの生意気な態度が、ジャニー氏にはたまらないそうですが……」(週刊誌記者)

 赤西のそうした言動は、グループ在籍中、他メンバーとの間にも不協和音をもたらし、「グループ内の関係も疲弊しきっていた」(同)という。しかし、現在のKAT-TUNはといえば、グループとしてのまとまりが出てきたと、もっぱらの評判らしい。

「実は意外にも、メンバー同士はプライベートでも仲が良いんですよ。リーダー格の亀梨の態度が柔らかくなったためか、メンバー同士の会話も増え、かなり雰囲気が良いですね。仕事が早く終わると、みんなでそのままカラオケに行ったり、飲みに行ったりもしています。お互いのオススメ映画DVDや漫画などの貸し借りもしていますし、会話も『こないだイイって言ってた音楽、なんだっけ?』『そのアルバム貸してよー』など、まるで友達のような感じでノリがいい」(業界関係者)

 これまでの不仲を取り戻すかのように、ここ数年のメンバー関係はだいぶ円満だというKAT-TUN。苦難を乗り越え、結束を新たにしたメンバーたちによる、新たなKAT-TUNが楽しみだ。

ファンも仲良くしましょうや

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク