何が何でも脱がせる気!?

ビッグダディ前妻・美奈子さん、消えないフルヌード、AV説のウラ事情

minako.jpg
『ハダカの美奈子』/講談社

 大家族ドキュメンタリーシリーズ『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日系)で人気を集め、今や主役のビッグダディこと林下清志さんを超える勢いで活動を続ける元妻・美奈子さん。先日出版された自著『ハダカの美奈子』(講談社)は20万部突破のヒット作で、日本各地での握手会の様子が連日報道されていた。

 現在は離婚に伴い、香川県小豆島から宮崎県へ住居を移している美奈子さんだが、現在も各メディアから引っ張りだこの状態。ダディのメディア露出に対抗するかのように、元夫婦そろって週刊誌を賑わせており、今月7日には『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)で、初めてテレビ朝日以外のテレビ局への出演も果たした。そんな中、離婚時からささやかれる、美奈子さんの“ヘアヌード”説について、こんな話が出回っているという。

「『ハダカの美奈子』出版に際して、同出版社から発行される写真週刊誌『フライデー』で、美奈子さんはセミヌードを披露しています。しかし『フライデー』の本当の狙いはフルヌード。ダディとの離婚時点から、美奈子さんをずっと口説いている状況なんだそうです」(芸能プロ関係者)

 確かに同時期から、美奈子さんについて「ヌード決意」といったうわさや報道が、ネット上などで散見されるようになった。またAVに関しても「水面下で進行中」という情報が、講談社を始めとする各出版社の周辺から漏れ伝わっているという。

「こういった、あたかも世間が、ヌードやAVを期待するかのような報道が流れる時は、決まって出版社やプロデューサーが、それを実現させたいと考えて情報を流している場合がほとんど。しかし、美奈子さんがこれ以上肌を露出することに対し、ダディが大反対しており、現時点で実現は難しいでしょうね。しかし彼女自身はあまり欲がないというか、あまり物事を深く考えていないという印象を受けます。なので、その場のノリで快諾してしまうこともあるかも。また、美奈子さんは、男性の支えがないと生きていけないタイプで、影響を受けやすい面も持っている。もしもダディ以上に信頼を寄せる男性が現れ、ヌードを勧めるようなことがあれば、ヌードが実現してしまう可能性もゼロではありませんよ」(雑誌編集者)

 一連の「ビッグダディフィーバー」が収まる気配を見せない状況で、ファンや業界関係者など、美奈子さんの元を訪れたり連絡を取ろうとする人間も数知れず。

「すでに美奈子さんの信頼を勝ち取ったという関係者も存在して、現在彼女はその関係者の言うことを盲信してしまっている、という情報もあります」(同)

 まだまだ林下家は話題を振りまくことになりそうだ。

女性誌で「美奈子に学ぶモテ学」企画来るぞ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー