ワガママでメンヘラという声も……

奇妙な動画をアップし、自傷癖も……パリス・ジャクソン、自殺未遂の本当の原因は?

jacksonchildre.jpg
イモ長男プリンスとは仲良くして!!

 故マイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソン(15)が、現地時間5日午前1時半頃、包丁で自分の腕を切り、市販の鎮痛剤を大量に飲んで、病院に救急搬送された。腕を切って薬を飲んだ直後に自ら自殺ホットラインに電話をし、ホットラインのスタッフが手配した救急隊の処置にも抵抗せず素直に応じたため、本気で命を絶つ気はなかったとみられているが、精神科に72時間強制入院させる措置が取られて、現在も入院中である。

 世界的大スターのマイケルに守られながら大切に育てられたパリスだが、一説には、かなりワガママに育ち、マイケルも手を焼くほどの王女様状態だったと伝えられている。気に入らないことがあればわめき散らし、自分の思い通りにしてきたというのだ。11歳で最愛の父親をうしなった後、次々とインタビューを受けメディアに露出したのも彼女の強い意志であり、Twitterで勝手にジャクソン家の内部事情を発信する姿に家族は頭を抱えていたとも報じられている。

 昨年夏、子どもたちの後見人である祖母キャサリンが突然家からいなくなった時には、叔母のジャネット・ジャクソンと激しく口論してブチ切れる姿がネットに流出。ジャネットたちはワガママなパリスの世話に心身ともに疲れきったキャサリンに一息ついてもらおうと連れ出したとも報じられ、パリスの王女様ぶりはエスカレートする一方だと書き立てるタブロイドもあった。

 キャサリンはパリスのワガママな性格を変えようと必死だが、パリスはそれを嫌い、距離を置くようになったとも報じられている。それを裏付けるかのように、彼女は今年に入ってから、産みの母親でマイケルの元妻だったデビー・ロウ(54)と頻繁に交流するようになった。英大手タブロイド紙「デイリー・メール」によると、パリスは、エホバの証人の教えを押し付けるキャサリンや、ジャクソン家のいざこざ、家の中でも外でもそばにいるボディガードや使用人たちから逃れるため、デビーの牧場に足しげく通っているようだ。誕生日をデビーと共に過ごすなど、パリスの中で母親の存在は日に日に大きくなっているようだが、ジャクソン家はこの状態を快く思っていないようだ。

 デビーは、2003年に捜査が始まった児童への性的虐待疑惑でマイケルが忙しくなり、子どもたちを彼女に面会させなくなった頃から、「子どもたちに会わせて」と裁判を起こすようになった。ジャクソン家はこれが原因でデビーを嫌うようになり、マイケルの長男プリンスも産みの母親である彼女を毛嫌いするようになった。プリンスはパリスがデビーと交流することに大反対で、兄妹間に大きな亀裂が生じてしまったと「デイリー・メール」は報じている。

パリスの場合、環境が悪過ぎ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー