【ゲッシーの雌★観察 ゲストーーク】

三股旦那も続出…しんどいのにやめられない「不倫地獄」、はたまた天国?

gessy0604.jpg
Photo by Mr. Bubble 101 from Flickr

 既婚者同士の不倫を「W不倫」と言いますが、みなさんは「二股不倫」という単語はご存じでしょうか? そう、不倫相手が複数いる状態でしょうね。う、うらやま……いえいえ、不倫ですら許されないのに、2人も、3人も付き合って、大変不謹慎な状態です!(怒)

 天に代わってお仕置きをしたくなりますが、そんなにモテモテ人たちは、一体なぜそこまでモテるのか? またどんな気持ちなのか気になります。2ちゃんねるに「◆  二  股  不  倫  ◆」というスレッドがあり、モテモテ……いや、道徳的レッドカードな人たちが告白していたので、ピックアップしてみましょう。明日へのモテ道へのヒントがあるかもしれません!!

◆  二  股  不  倫  ◆
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1340577286/

 まずは絶賛不倫中の女性と、「夫に不倫されちゃった」側の女性の意見を見てみましょう。

●4人の男
【女性】夫、本命の同級生浮気相手、その他2人と同時に付き合っています。でも4人とも私と「一対一のパートナー」として付き合っているつもりみたいだし、そう思い込むように仕向けてます。Hばかりしているわけじゃないのでセックス依存症ではないけれど、恋愛依存症かも。恋がスタートする時のドキドキ感が好き!
→恋愛が始まるドキドキ感が魅力的なのはわかりますが、4人と同時に付き合うテクニックも知りたいですね! 夫への罪悪感が一切なさそうなところがゲスい!

●年下の彼
【女性】3人の男性と同時に付き合ってるけど、みんな年下。付き合うポイントは体の相性の1点のみ。自分が年上なので相手の価値観に振り回されずに済む。
→セックスの相性だけで付き合う! エロ小説を読み過ぎたオッサンが考える妄想シチュエーションのようですが、本当にあるのでしょうか? しかし「体の相性」が合わなかったら捨てられるんですね……(涙)。

●夫の浮気相手は2人
【女性】夫が二股不倫をしており、私(妻)は傍観者。夫の相手は3人の子持ち人妻、女子大生で、どちらも居酒屋のパートとアルバイト。この状況に対して怒りや悲しみはなく、ドラマの修羅場シーンを見るようなドキドキした気持ちでウォッチしている。はたから見たら、私の心はゆがんでいるのかもしれない。
→あまりにもストレスが強いので、こんな状態になっているのでは? と心配になります。不倫相手がはっきりとわかっているのであれば、慰謝料請求をしてみてはどうでしょう。それはそれで結構ドキドキしますよ。

 続きまして、男性側の不倫告白も見てみましょう。

●罪悪感を感じる相手
【男性】不倫相手は長年1人だったが昨年1人、今年に入ってもう1人増えて、三股状態に。最初の相手が一番好きだが、彼女は気分屋で振り回されてしまう。そんなストレスを抱えている時に出会ったのが、2人目の女性。この状況に関して妻には罪悪感を感じず、2番目の女性に一番罪悪感を感じている。複数の女性と付き合うコツは、メールや電話をマメにして、相手の名前を絶対に間違えないこと!
→やはり「マメ」がモテへの道に直結しているのは、間違いないようです。相手の名前は、うっかり間違えそうだな。この人にとって、妻の存在価値は?

●重い彼女が面倒になってきた
【男性】不倫相手の女性が3人いる。恋人というよりセックスもする友達という感じ。メールはマメにして、相手の言うことはできるかぎり否定せず、ポジティブに感じたことは躊躇せずに伝えるのがうまくいくコツ。最近は、不倫相手の1人がやたら重く感じてきて、連鎖してほかの2人も面倒になってきた。
→相手の良いところを素直に褒める! これは頭でわかっていてもなかなかできません。日頃から訓練しておかないと咄嗟に出ません。しかし異性がいない私はどうやって練習すれば……同性でもやる? でも気持ち悪く思われないかな。

 複数の不倫相手を持つ男性からのコツとしては、やはり「連絡をマメにする」というのがやはり鉄板のようですね。そして相手の女性の名前を間違えない。相手の誕生日、血液型、星座、好きなアイドル、各種記念日などを記録し覚えておき、良いところを積極的に褒め、否定はしない。って、これだけできれば、誰でもモテモテになるのでは……!?

 一方、女性からのノウハウはほとんど書かれていませんでした。創作コメントなのか、女性は何もしなくてもモテモテなのか? まあ、女性は肉体という最大の武器がありますからね。

 印象的だったのは、複数の不倫相手がいる人は、現状に満足してない人ばかり。「やはり不倫相手は1人に絞った方がよい」という意見もチラホラありました。いやいや、配偶者を愛しましょうよ!

 複数の異性と付き合って、自慢や浮ついたエピソードが満載しているかと思いきや「疲れた」「しんどい」という率直なコメントが多く、読んでいる私も気持ちが萎えてしまいました。やっぱり浮気や不倫はダメだよね! 私も止めておこうと決意しますが、その前に恋人がいませんでした。

ゲッシー(♂)
30代会社員男子、インターネット情報収集家。女にモテるため、女のホンネを知ろうとインターネット掲示板をうろつくも、生々しいホンネに触れすぎて今ではちょっと女がコワイ。でもコワいもの見たさでネットの掲示板を徘徊しています!!

家に入れてもらえるんならいーけど。

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!