みそぎ番組として定番化?

矢口真里、キワモノレギュラー揃いの『5時に夢中!』から熱烈オファー!?

5jimuchu.jpg
『5時に夢中!』(TOKYO MX)公式サイトより

 一連の不倫騒動を発端に、急転直下で離婚に至った矢口真里。元夫・中村昌也が生放送番組とブログでこの件を報告したが、詳しい事情が語られていないところを見るに、離婚時の制約に「内情や離婚条件などを口にしないこと」が含まれていたことは明白だろう。

「マスコミが注目しているのは、1つは慰謝料の具体的な金額、そして矢口が今後どういった形で芸能活動を再開するかです」(週刊誌記者)

 一説には、矢口が中村に多額の慰謝料を支払うことで離婚に合意したとも報じられているが、この件に関して真相は闇の中となりそうだ。また芸能活動に関してでも「矢口はしばらく謹慎すべき」と言った意見が強い。

 しかし現時点で、矢口に対して熱烈なオファーをする番組が存在するという。

「TOKYO MXの『5時に夢中!』です。同番組は、『言論の自由』をテーマに掲げ、マツコ・デラックスや中村うさぎ、岩井志麻子といったキワモノレギュラー陣で人気を集める番組。芸能界に復帰した元オセロ・中島知子を出演させたことでも話題になりましたが、今回も『矢口を復帰させられるのはウチしかいない!』と息巻いているんです」(テレビ局関係者)

 同番組が中島を出演させたことは「異例中の異例」だったと、テレビ局関係者は続ける。

「テレビ朝日の『ワイド!スクランブル』でインタビューを受けた後、ほかのテレビ局が中島をどう起用しようか足踏みをしている中、突如『5時に夢中』にSM風衣装で登場。驚いた業界関係者は多かったかと思います。しかし中島の一件で、業界視聴率が高まった現在でも、『5時に夢中!』は『自分たちはマイノリティなのだから、マイノリティにしかできない番組作りを行う』という姿勢を貫いています」

 同番組には、ジャニーズやバーニングといった大手芸能プロダクションによる“政治事情”も存在せず、キー局では絶対に不可能なオファーが実現可能という。

「在京キー局の場合、『ほかの番組に迷惑がかかる』といった理由でネタを見送る事例がいくらでも存在します。例えば大手プロのスキャンダルを報じることで、その事務所に所属する全タレントが同局のほかの番組に出演しなくなってしまえば、結果的に局全体の不利益になってしまう。しかし、TOKYO MXにはそういったしがらみがほとんどないため、渦中のタレントを率先して出演させることができるんです」(芸能プロ関係者)

 果たして矢口への熱烈オファーは実るのだろうか?

遊んでもらうといいよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 「オワコン女優」認定の3人は?
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. “消えたAKB48”河西智美は今
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  14. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 江角マキコのバックに超有能弁護士

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ