「タレント本という名の経典」

自称「おっさん」の水野美紀に見る、男も女も油断させる巧妙なハニートラップ

mizunomiki.jpg
『私の中のおっさん』/角川書店

――タレント本。それは教祖というべきタレントと信者(=ファン)をつなぐ“経典”。その中にはどんな教えが書かれ、ファンは何に心酔していくのか。そこから、現代の縮図が見えてくる……。

 水野美紀よ、おまえもか。

 そう嘆きたくなるくらい、水野の『私の中のおっさん』(角川書店)は、お決まりのフレーズに溢れている。「この女優を体のなかであやつるのは、おっさんだった!?」「くすりとでも笑っていただけたら、おっさん(筆者注:水野のこと)大満足」など、今流行りの「女性を表現するのに、あえて男性に使う言葉を用いる」というやつである。

 表紙の水野はモナリザを思わせる静かな微笑みを浮かべ女優然としているが、裏表紙は「おっさん」である。ハゲのヅラ、耳にボールペンをかけ、口の周りにはまあるく濃いヒゲを生やし、カップ酒を飲みながら、スポーツ新聞を読む「おっさん」に水野が扮しているのだ。

 よろしい。そんなにも「おっさん」と言い張るのなら、どこがどう「おっさん」なのか、しかと見届けようではないか。そう思いながら、ページをめくるが、どこをどう探しても「おっさん」エピソードがない。

 エッセイのタイトルともなった「私の中のおっさん」という項で、水野はライフマスク(石膏で顔の形を形どったもの)を取り、自分の顔を客観的に見てみたというエピソードをつづっている。特に、自分の耳の形を初めて客観的に見たことに触れ、第三者は日々それを見て、その印象を元に水野のイメージを作り上げるのだ、と思いを巡らせている。

 そして水野は「思えば私はずっと『操縦席の自分』と『身体』のギャップに頭を悩ませてきている気がする。実は操縦席の私は……漁師のおっさんみたいな人なのである」と書いているのだが、漁師のおっさんとはどういうことなのか? 例えば、「肴はあぶったイカでいい」(BY八代亜紀)といった具体性もないし、むしろ、掲載されているエピソードの数々は、おっさんと反対の方向性を指すように思える。

女スパイ育成用指定参考書

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 新春ジャニオタ放談
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー