互いに個性が強すぎて譲らない組み合わせも!

マリリン・マンソンとDMX!? 異色すぎるコラボの迷曲・名曲

MarilynManson02.jpg
マリリン・マンソンとDMXは「悪」の方向性が違いすぎ

 日本でもよく行われているミュージシャンたちのコラボレーション。同じジャンルのアーティスト同士でコラボする場合はヒットすることが多いが、異なるジャンルのアーティストが組む場合はリスキーで、コケる確立が高いとされている。しかし、ハードロック・バンドのエアロスミスとヒップホップ・グループのRun-D.M.C.のコラボ版「ウォーク・ディス・ウェイ」など、話題性、クオリティーとも最高な作品が誕生することもあり、あえて冒険してみる価値があると音楽プロデューサーは思うようである。

 今回は、世間が驚いた、「異色アーティストのコラボ 」を独断でセレクト!

■ジミー・ペイジとP・ディディ「Come With Me」

 ヒップホップ・アーティストたちとコラボしまくり、「人に頼ってばかり」だと手厳しく評価されるP・ディディ(ショーン・コムズ)が、伝説的バンド「レッド・ツェッペリン」のギタリスト、ジミー・ペイジとコラボしたのは1998年のこと。名曲をアレンジするのを得意とするディディが、レッドツェッペリンの「カシミール」(75)を現代風に進化させ、あらためてジミーにギターを奏でさせたのだ。「レッド・ツェッペリンとパブリック・エナミーの融合」と呼ばれるレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリスト、トム・モレロもベースとして参加しており、大作映画『GODZILLA』のテーマ曲になるなど、話題性は満点だった。

 しかし、メタルファンも、ミュージシャンも、このコラボを「ひどいもの」だと酷評。PVは、救世主となったディディが、飛び跳ねながらラップしGODZILLAに挑むというもので、時折、高層ビルにジミーがギターを弾く姿が映し出されるのだが、「わずか数秒でも、ジミーがディディを完全に食っている」とまで言われた。

 なお、『GODZILLA』も酷評され、最低な映画に贈られるゴールデンラズベリー賞の最低リメイク賞を獲得。「Come With Me」も、ジミーとディディが交わることのない最低リメイク・コラボだと評価は低かった。

■ザ・フレーミング・リップスとケシャ「2012」

 幻想的なライブで知られ、オルタナティヴ・ロックの代表格として多くのアーティストに強い影響を与えてきたザ・フレーミング・リップスが、人気ポップ歌手のケシャとコラボすることを発表したのは2012年の春。同年4月末にリリースした限定アナログ・コンピレーション盤『The Flaming Lips and Heady Fwends』に収録した「2012」に、ケシャをフィーチャリングさせると明かしたのだ。

 バンドのフロントマンであるウェイン・コインは、ケシャとのレコーディングは同年2月に行ったと述べ、「すごく楽しい子だし、クレイジーだし、いろいろなアイディアに対してオープンだし、とてもクリエイティブな子なんだよ。みんなが知らない顔を、たくさん持っているんだ」とケシャを絶賛。しかし、ファンの反応は微妙なもので、「最初から最後まで奇妙すぎる。ハロウィーンに流れてきそうな曲」だと手厳しく評価されてしまった。しかし、ザ・フレーミング・リップスとケシャの相性は最高だったようで、今年1月にケシャがリリースしたセカンドアルバム『ウォーリア』でも再びコラボ、コラボ・アルバム『リップシャ』も制作中のようだ。

■ポイズンのブレット・マイケルズとマイリー・サイラス「Nothing To Lose」

 天下のディズニー・チャンネルに大事に育てられた世界的アイドルのマイリー・サイラスが、80年後半~90年代前半に一世を風靡したグラム・メタル・バンド「ポイズン」の美形ボーカル、ブレット・マイケルズとコラボしたのは10年初め。17歳のアイドルと47歳のロッカーが、「耐えられないんだ。ゆっくり服を脱ぎなよ」という歌詞の「Nothing To Lose」を歌ったため、「世間に悪影響を与えるのでは」と心配する声が上がった。

 この2人のコラボは、マイリーの提案のもと実現したとのこと。健康的なイメージだったマイリーは当初、出世ドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』のサントラのようなポップでカントリーチックな歌を元気いっぱい歌っていたが、09年に突然、脱ポップを宣言。ポイズンのブレット・マイケルズに声をかけ、ポイズンの名曲「Every Rose Has Its Thorn」をカバーさせてもらった。マイリーが、生まれて初めて行ったコンサートはポイズンだったそうで、以来、リスペクトしているという。

MINMI先輩は旦那とコラボ……ってそれ自宅リビングでやればよくね?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 『カウコン』意外な舞台裏
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 覚せい剤使用体験の天国と地獄

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー