[英語でつぶやかナイト!]

【セレブに学ぶネットスラング】リアーナ「Flexin」(超自慢!)

Rihanna03.jpg
時々ものすごい暴言をツイートするリリたん

【Flexin】

(オリジナル)Flex
(日本語訳)超自慢!

【使用例】

rihannatwi.jpg
rihannainst.jpg


 「Flexin(フレクシン)」は、「Flex(フレックス)」の進行形であり、ヒップホップ・アーティストの間では「見せびらかす」「自慢する」という意味で使われることが多い。今回、リアーナは、「ピガールのフード付きスエットシャツだよ。いいでしょ! 超自慢!」という気持ちを表現するために、「Flexin」と使っている。

 もともと「Flex」とは、「関節や筋肉を曲げる」という意味であり、エクササイズなどで「flex your muscles」と使ったりする。また、ビジネスでよく使われる「融通を利かす」という意味の「Flexible(フレキシブル)」を縮めて使うときも「フレックス」となり、労働者が就業時間を自由に決める「フレックス制」という言葉もここから来ている。

 ヒップホップ・スラングの「Flex」は、「関節や筋肉を曲げる」意味を進化させたもの。筋肉モリモリのゴロツキやギャングたちが、エクササイズマシーンなどで鍛えて筋肉隆々になった腕を、敵対する相手を怖がらせるために、「Flex」しながら見せびらかすことから、「相手を怖がらせたり、威圧するために、見せびらかす」「自慢げにひけらかす」という意味で、「フレックス」を使うようになった。

 ギャングスタラッパーのアイス・キューブが1991年にリリースした「Man’s best friend」では、

「I use my nine when suckas start to flex」
「ゲス野郎がフレックス始めたら、オレ様はナイン(9mm pistol=ピストル)を使うんだ」

と、もともとの意味に近いニュアンスで使われているが、1993年に発表した「It Was A Good Day」では、

「Saw the police and they rolled right past me No flexin, didn’t even look in a niggaz direction」
「マッポがオレの横を通り過ぎたときも、黒人に目をつけることなく、威圧すらしなかったぜ」

と、進化した意味で使用。ラップがスタイリッシュなものになるにつれ、「超自慢!」という言葉へと進化した。T.I.の「I’m Flexin’」(2011)やヤング・ジージーの「Flexin」(11)などでは、「オレ様、すげえだろ?」というニュアンスで使われている。

 ほかにも、手首に関節を使うためにDJのことを「フレックス」と呼んだり、その場を華麗に立ち去る時に「フレックスする(Imma flex)」と言ったり、「自慢=虚勢を張る」が進化し「ウソをつくこと」としても使われるように。関節を曲げたり、体を動かすという意味で「性行為をする」として使われることもまれにある。

逆にコレ、英語でなんて言うのかな?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー