[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Sexy Zone・中島健人が広告塔に!?  明治学院大学のパンフレットに登場

meijikento.jpg
明治学院大学パンフレットより

 明治学院大学に在学しているSexy Zone・中島健人が、同校の2014年版のパンフレットに掲載されていることが発覚した。ネット上ではTwitterをはじめとして「ジャニーズが学校のパンフレットに載ってもいいんだ」などと、驚きの声が上がっている。

 2011年11月にデビューした中島は、昨年4月から同大学に進み、仕事と並行して学業に励んできた。そんな中島の活動が評価されたのか、受験生向けに制作された大学案内パンフレットに、中島のインタビューやキャンパス内で撮影したとみられる写真が掲載されている。

 インタビューでは、父親も同校出身であると明かし、「小さい頃から大学に連れてきてもらっていた」と話す中島。大学進学にあたっては周囲の人間の支えがあり、ジャニーズ事務所の人からも「行くんだったらしっかり勉強しろよ」と言われたという。社会学部を選んだ理由については、「世の中の出来事を、メディアを通じて正しく発信できる人間になりたいから」と説明。ほかにも、同校の魅力についてアピールするなど、真面目に学生生活を送っていることがうかがえる内容だ。

 さらにパンフレットでは、OBである父が「今では学友のように話せるので、親子のコミュニケーションにも役立っています」とコメントしており、息子の芸能活動についても「妻とともに応援しています」と言及している。

 近年のジャニーズは、慶應義塾大学卒の嵐・櫻井翔や、青山学院大学卒のNEWS・加藤シゲアキ、明治大学卒のHey!Say!JUMP・伊野尾慧など、高学歴を誇るタレントを多く擁している。しかし、ジャニーズとの関係性を大学側が表明するケースは珍しい。

NEWS・小山慶一郎が、母校である明治大学の12年度卒業式と13年度入学式のビデオメッセージに登場し最近話題になったが、07年には慶應の文化祭パンフレットに櫻井のインタビューが掲載された。「今振り返ると、ドラマだったり仕事をしながら、大学を4年で卒業した事が大きな自信となっていますね」などと自身の経験を語り、櫻井は翌年の創立150年記念コンサートにも塾生としてサプライズ出演している。

「デビュー組でも大学に進学するタレントが増えてからは、ジャニーズが学校側に協力することに寛容になっているのかもしれませんね。しかし今回の中島の件は、身内が取材に応じているため、特に異例と言えます。学校案内で中島の存在を全面的に押し出していることからも、同校としては広告塔のような役割を果たしてほしいという狙いもあるのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 事務所や大学からの期待を一身に背負った中島。大学卒業組の先輩たちのように、仕事と学業を両立し4年で卒業を果たしてくれることを期待したい。

上智大さんも、けいとりん使っていいよ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー