でも問題の本質は彼女の性格よ!

G・パルトローの体臭がひどい! それでも本人は「死ぬより、臭い方がマシ」

GwynethPaltrow02.jpg
「やっだ~、ごめんごめん! 脇をなるべく閉じて生活
するから許して!」

 米「Star」誌の「ハリウッドで最も嫌われている女性」に選ばれた直後、米「People」誌の「2013年度 最も美しい女性」に輝くなど、良くも悪くも話題に上がる二世女優のグウィネス・パルトロー。映画プロデューサーのブルース・パルトローを父に、女優ブライス・ダナーを母に持つグウィネスは、ブラッド・ピット、ベン・アフレックらイケメン俳優たちとのロマンスを経て、10年前に、イギリスの人気ロックバンド・コールドプレイのボーカリスト、クリス・マーティンと結婚。アップル、モーゼスと子どもにも恵まれ、世界的に大ヒットしている映画『アイアンマン』シリーズにも重要な役どころで出演するなど女優業も超順調。趣味感覚で立ち上げたライフスタイル・ウェブサイトも大人気で、ロサンゼルスにブローだけのヘアサロンをオープンするなど、ライフスタイル全般をトータルプロデュースするという野望もかなえつつある。

 順風満帆な人生を歩んでいるグウィネスには、昔からエレガントなイメージが定着しており、「トッズ」や「コーチ」「リンデックス」など、多くのブランドのイメージモデルにも抜擢されてきた。昨年は、「ヒューゴ・ボス」の新作香水「Boss Nuit Pour Femme」のキャンペーンガールを務め、「モダンでエレガントな香りがグウィネスにぴったり」とメディアは報じた。しかし、米タブロイドが伝えた最新情報では、そんな彼女の体臭は、この上なくひどいというのだ。

 大手タブロイド紙の「ナショナル・エンクワイアラー」によると、5月6日にニューヨークのメトロポリタン美術館の『ザ・コスチューム・インスティチュート・ガラ』のオープニングパーティーに出席したグウィネスが、ひどい体臭を漂わせていたとのこと。

 「グウィネスは、外観的にはパーフェクトでした。でも、気の毒なことに……照明が多かったので、暑くなり、汗をかいてしまったのでしょう。ひどい臭いを漂わせていたのです」「鼻につんとくるような、かなりの悪臭だったのですが、彼女自身はまったく気づいていないようでしたね。彼女が通った後、顔をしかめ、鼻の前で手をあおぐ人を、少なくとも2人は目撃しました」という、消息筋の話を紹介した。

 アメリカではさまざまなタイプのデオドラントが販売されており、エチケットとして使われている。しかし、市販のデオドラントの大半に使用されている、「毛穴をふさぐ効果のある」アルミニウムの合成成分やアルミニウム塩には発がん性があり、乳がんのリスクを高めるという報告やアルツハイマーのリスクまでをも高めるという研究結果が公開され、問題となっている。

 オーガニックの食べ物を好み、健康に人一倍敏感なグウィネスはもちろんこのことを知っており、「デオドラントに含まれているアルミニウムには発がん性があり、脇の下に直接つけることにより、乳がんの発症率を高めると知ってからは、新しく開発されたアルミニウムフリーのデオドラントを選ぶようになった」「しかし、効き目がいまいちで、汗もにおいも抑えられない」とのこと。しかしグウィネス自身は「死ぬよりは、臭い方がマシ」と断言しているのだという。

 苦労することなく、仕事も、男も、家庭も、美貌も手に入れているように思われがちなグウィネスは、世間から憧れ半分やっかみ半分という目で見られることが多く、昔から多くのアンチが存在してきた。アンチを喜ばせるようなひどいウワサも流されてきたが、嫌われるのは「身から出た錆」だという声も少なくない。

 庶民派をアピールしながら、カリフォルニア州の高級住宅街ブレントウッドに建てた豪邸に、規定より100cmも高い、高さ270cmもあるデカイ門を取り付け近隣住民からクレームが出たり、自身のサイトで「今シーズンのマスト・アイテム。みなさんも、最低、これだけはそろえて」と8万円するバレンチノのiPadケースや35万円のレザージャケット、11万円するグッチのサングラスなどを勧めたり、『アイアンマン3』のワールド・プレミアにノーパンで出席して周囲を嫌な気持ちにさせたり、8歳と6歳の育ち盛りの子どもたちに「体に悪いから」とパスタやパン、米などの炭水化物を与えないと発言したと伝えられるなど、グウィネスをめぐる騒ぎは後を絶たない。

 鼻につんとくる悪臭を放っていたとされる『ザ・コスチューム・インスティチュート・ガラ』のことも、「すごい人混みだったわ。暑かったし、全然楽しくなかった」とコメントしており、主催者である、米版「Vogue」のカリスマ編集長アナ・ウィンターをディスったと、ファッション・ファンたちから散々叩かれたばかりなのである。

 体臭は、異性を引きつける魅力的なにおいだともいわれる。グウィネスのにおいも、女性にとっては悪臭でしかないが、男性にとっては「くらくらするような、魅惑的な香り」なのかもしれない。どちらにせよ、アン・ハサウェイを蹴落とす勢いで、グウィネスがアンチの数を増やしているのは間違いなさそうである。

体臭じゃなくて性格が問題、ということらしいわ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!