EXOの宿舎はいくらなの?

少女時代、SUPER JUNIORは? K-POPアイドルの共同宿舎のお値段

SJ03.jpg
『Opera SUPER SHOW4 in TOKYO』
(AVEX TRAX)

 少女時代やSUPER JUNIOR、BoAなどが所属する韓国最大手の芸能事務所「SMエンターテインメント」が、レッスン生の合宿所として借り受けていた宿舎を競売にかけられていることが判明し、話題となった。

 宿舎があるのは、ソウルでも高級住宅街として知られる清潭洞(チョンダムドン)。地上1階には、部屋が5つ、リビング、キッチン、浴室が2つあり、地下1階にも部屋が3つとリビング、浴室が設けられた優良物件だ。鑑定価格は、建物と土地代を含めて23億ウォン(およそ2億1,000万)である。

 かつて、日本でもジャニーズ事務所が合宿所を設けていたが、韓国のアイドルたちは、デビュー前はもちろん、デビュー後もメンバー同士で共同生活を送る“宿舎生活”をしている。憧れのアイドルたちの私生活が詰まった宿舎は、ファンの好奇心をくすぐる場として、バラエティなどでは、たびたびアイドル本人たちによる“宿舎紹介”がなされている。

「宿舎生活を事務所がさせる理由としては、管理の便利さがある。10代から20代という若い年齢のアイドルたちが相手なので、事務所としてはなるべくまとめておくのが生活や仕事の面で管理がしやすい。それに、もちろんグループとしてメンバー同士の絆を深めることも大事な目的です」(K-POPライター)

 宿舎の規模は、事務所の都合や財政によって異なる。同じ事務所に所属していても、グループの構成人数や、どれほど稼ぐかなどによって宿舎の質はピンキリ状態だ。宿舎として使われる部屋は大抵がマンスリー契約だが、それにも理由があるという。

「熱狂的ファンが早朝から夜中までマンションの外で待ち伏せして騒いだり、建物の壁にメッセージを落書きしたりするなどの迷惑行為を行うため、近隣の一般住民からの苦情が絶えず、同じ宿舎を長期間利用できないせいです。おかげで引っ越しを繰り返すハメになりますが、引っ越しによって宿舎がグレードアップすることもあるので、アイドルたちにとっては悪い話ではないでしょう」(同)

 宿舎の多くは、事務所の近くに設けられている。ソウルでも家賃が高めの江南(カンナム)地域にあるSMやJYPエンターテインメントは、もちろん宿舎も江南。例えば、5人以上のアイドルが住めるよう、それなりの広さと部屋数を確保するとなると、4,000万(約370万円)~5,000万(約460万円)ウォンの敷金に、毎月の家賃が200万ウォン(約18万円)は少なくとも必要だ。「女性アイドルグループのトップを走る少女時代の宿舎は、敷金が1億ウォン(約920万円)で家賃が月に500万ウォン(約46万円)レベル」(同)という。

 宿舎での共同生活の期間は、グループの活動状況や、メンバーの年齢、事務所の意向によりまちまちだ。もちろんメンバー間の不和により共同生活の継続が厳しいという場合もある。ちなみに、BIGBANGはデビュー前とデビュー当初はメンバー5人で宿舎生活をしていたが、現在ではT.O.PとG-DRAGONが各自の家で生活をし、残りの3人は今も共同生活を続けるというスタイルをとっている。

宿舎生活を24時間ネット配信してほしいの

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー