角川慶子の「シロウトで保育園作りました」第42回

なぜ障がいのある子を受け入れるか、保育園経営者として考えていること

なぜ障がいのある子を受け入れるか、保育園経営者として考えていること

 現在、発達障がいのお子さんをお預かりしています。本人もほかの園児も互いにいい影響を与え合って成長できるのでは? と考え、お預かりを決めたのでした。ご両親はとてもお子さんに対し熱心で、病院のセラピーで「集団生活をさせることが本人に必要」と言われたことから、受け入れ可能な保育園を探していたのだそうです。私の娘が以前通っていた保育園にも一度は入れたそうですが、「『ほかの子とは一緒にできない』と言われ、1人部屋に隔離されていた」とのことでした。隔離という対応には大反対ですが、小さくはない年齢で体力もあることから、「お散歩で事故に遭ったらどうしよう」「意思の疎通ができない」などを理由に、受け入れを断る園側の気持ちも経営者としてはわかる気がします。うちの園でも、はじめ保育士たちは受け入れに迷いを見せたので、状況によって(日によって預かっている人数が違う)預かり時間をご両親と相談しながら決めるという条件で納得してもらいました。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

なぜ障がいのある子を受け入れるか、保育園経営者として考えていることのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! シロウトで保育園作りましたのニュースならサイゾーウーマンへ!