[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Sexy Zoneコンサートに元B.I.Shadowの高畑岬が来場! 中島&菊池が招待?

sexyzone-all03.jpg
温かく見守っていきましょーや

 コンサートツアーが無事終了し、ファンクラブが先日設立したばかりのSexy Zone。5月6日に行われた横浜アリーナ公演には、メンバーの中島健人・菊池風磨と共にかつて「B.I.Shadow」として活動した元ジャニーズJr.の高畑岬が来場しファンを驚かせた。

 高畑はもともと劇団四季に在籍し、ミュージカル『ライオンキング』で主人公の子ども時代・ヤングシンバ役を演じた経歴の持ち主。2007年10月にジャニーズに入り、翌年秋の連続ドラマ『スクラップ・ティーチャー~教師再生~』(日本テレビ系)に出演。同ドラマに出演していた中島・菊池とB.I.Shadowを結成した。

「演技力を買われていた高畑は、08年『少年隊 PLAYZONE FINAL』のJr.コーナーで長台詞をもらうなど、ジャニー喜多川社長の“イチ推しJr.”の1人でした。また、09年1月の『SMAP がんばりますっ!!』(テレビ朝日系)では、SMAPの歴史を振り返る再現ドラマでリーダーの中居正広役に抜擢されたことも。同年5月頃に事務所を退所しましたが、現在は桐朋学園芸術短期大学で演劇やダンスを続けているようです」(ジャニーズに詳しい記者)

 現在ではジャニーズから離れて、表現の世界を勉強中のようだが、4月20日に札幌で行われたSexy Zoneのコンサートでは中島&菊池の口から『スクラップ・ティーチャー』撮影時の話や、高畑の名前が飛び出したという。そのことを知った高畑は、自身のブログでB.I.Shadowの思い出などを振り返りながら、「今は自分とけんと達とは進む道が違う。
けんと達はセクシーゾーンで頑張ってる。自分も頑張らなきゃな」と現在の気持ちをつづっていた。

 その後高畑は5月6日のブログで、5年ぶりに横浜アリーナに出向き、Sexy Zoneのコンサートを鑑賞したと告白。B.I.Shadowについて語った高畑のブログがきっかけなのかは不明だが、「ふーま。けんと。サンキュー!」と書いていることから、2人から招待があったことがうかがえる。

 しかしSexy Zoneは松島&マリウスの活動に格差が発生し、ファンにとって穏やかでない事態が続発している現状。旧友との交流が続いていることに喜ぶファンがいる一方で、複雑な思いを抱くファンも存在するようだ。

「初期のB.I.Shadowを応援していたファンが興奮する気持ちはわかりますが、札幌公演で話を出すだけでなく、コンサートにまで呼ぶなんて、『昔のメンバーと今のメンバーのどっちが大事なの?』と感じてしまいました。グループにとって大事な時期だけに、年上の中島&菊池の過去を振り返るような言動は、つらいものがあります」(熱心なSexy Zoneファン)

 別の道を歩んだ高畑はブログで、「風磨、健人! これからも頑張れよ! 俺も頑張るから!」と2人に応援メッセージを送っている。かつてのメンバーの声援も糧に、グループとしてSexy Zoneのさらなる飛躍を期待したい。

Youたち、過去を振り返るにはまだ早すぎる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー