その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「なんでこんな曲を書くんだ」堂本剛、曲から髪型までジャニーさんに2時間怒られた!

jdotsuyo05.jpg

【ジャニーズ研究会より】

<アイドル誌チェック!!>

 「オリスタ」(オリコン・エンタテインメント)5月20日号、まずは連載の『関ジャニ∞のジャニ勉』の収録レポートを見てみましょう。今号には、関西テレビ業界の女帝・上沼恵美子と2時間サスペンスの帝王・船越英一郎をゲストに迎えた放送300回突破記念スペシャルの模様が掲載されています。メールの返信にうるさいという上沼が7人のメールをチェックする企画では、体調を気遣う言葉を使った丸山隆平に「こんなん、介護メールや!」とツッコミが入り、メンバーの横山裕からも「小5くらいのメール」と言われるなど散々な結果に。その横山のメールには「1行ずつ頭悪くなってってる」(大倉忠義)などとさらに辛らつなダメ出しが……。結局この戦いを制したのは、テンション高く「アロハ!」で始まる能天気なメールを送った錦戸亮になったそう。船越とは強烈な妻・松居一代に浮気を疑われてケータイを鍋で煮詰められた鬼嫁エピソードなどで盛り上がったそうで、いつにも増して笑顔ショットの多いページになっています。

 この収録後のインタビューでは、視聴者やスタッフへの感謝の言葉をメンバー全員で語り、“ツッコむのを躊躇するくらい緊張したゲスト”にやしきたかじん、“過去におすすめされたアイテムや料理で印象に残っているもの”に、田中聖(KAT-TUN)の作った唐揚げを挙げるなど、過去の収録の思い出を振り返っています。しかし、“ええ話”の最後の最後で錦戸から、

「あのー、僕は自分で見つけたものがいちばん……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク