その他
【ジャニーズ研究会レポート】

滝沢秀明、後輩から「めっちゃつまんねぇ」「1人で石原軍団」の声!

jtakizawa07.jpg

【ジャニーズ研究会より】

 5月8日放送の『ザ少年倶楽部』(NHK BS)。関西ジャニーズJr.を紹介する「月刊! 気になるKJ」には、桐山照史が登場しました。桐山は1989年8月31日生まれ。夏休み最後の日ということで「誕生日パーティーとかあまりしてもらったことがない」らしく、それを聞いたA.B.C-Zの面々は「かわいそう(笑)」(河合郁人)、「夏休みの最後の日に生まれた人っぽいもん」(戸塚祥太)と桐山をテキトーにあしらいます。桐山はチョコレートが嫌いだとのことで「ベロに残るのが嫌いで、飲み物があればいけるんですけど。オレが言うのも何ですけど、しつこいヤツがホンマに嫌いで!」と声高に理由を述べました。けれども現在、滝沢秀明主演のドラマ『真夜中のパン屋さん』(NHK BS)でパン職人を演じている桐山は、焼きたてのチョコパンを食べたことでチョコ嫌いを少しだけ克服したそうです。

 劇中では先輩の滝沢がオーナーながらもパン職人としては見習い役、桐山は腕のいいパン職人。桐山はドラマで実際にパン作りをしたことで、自分でもイチから作れるようになったそうですが、実際は滝沢の方が作るのがうまいのだとか。桐山が何度か練習して滝沢に「こうやってやるんですよ~」とこれ見よがしに教えたところ、滝沢は一発でできてしまったそうです。器用ですね。

 実は桐山、滝沢との共演は2012年の『滝沢歌舞伎』以来、2度目。そのため滝沢についてそんなに深くは知らないらしいのです。しかし撮影中、桐山は滝沢のボケを何度も目撃。そのボケというのが、“スウィングをしてゴルフボールを飛ばすと……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク