【海外メディアの裏事情:第1回芸能誌編】

独占ネタに強い「People」、主婦を狙う「USウィークリー」。米芸能誌のすみ分け

独占ネタに強い「People」、主婦を狙う「USウィークリー」。米芸能誌のすみ分け

 昨年、老舗週刊誌「ニューズウィーク」が紙媒体を廃止すると発表し、世間に大きな衝撃を与えた。販売部数が落ち込み、広告収入も減ったことが原因で、今後はデジタル版の展開に全力を注ぐとしている。  日本同様、アメリカの出版業界は、今とても厳しい状況に置かれている。しかし、そんな中でも芸能誌はとても元気。2ドル(約200円)で買えるという気安さと、豊富なセレブの写真で女性を中心とする購読者のハートをがっちりと握っているのだ。今回は、そんなアメリカを代表する人気芸能誌を5つ、紹介したい。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

独占ネタに強い「People」、主婦を狙う「USウィークリー」。米芸能誌のすみ分けのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外メディアの裏事情のニュースならサイゾーウーマンへ!