今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

浜崎あゆみ、「バックダンサーでヤケド」事件における、歌姫流の結論とは?

ayu_maro.jpg
『again』/avex trax

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎中島知子、早くも新コンビ結成
 身元引受人のトマベチさんがコメンテーターやってる、TOKYO MXの『ニッポン・ダンディ』に出演し、ブログ開設から「週刊中島知子」状態が続いている。

「緊急特別企画です。中島知子復帰第一弾。生放送で全てを語る。さて今回は中島さんの復帰活動をお手伝いしている私、苫米地英人がいろいろ中島さんにお話をお伺いしたいと思います。ではご紹介しましょう。中島知子さんです」
「こんばんは。宜しくお願いします」

 ほかの出演者とは一切隔離され、MCでもないトマベチさんのぎこちない仕切りのもと、2人だけがスタジオに映る画ヅラたるや。しょっぱな挨拶から、もう長回しのコント。画面からは、近年テレビから感知されたことないレベルのスリルが。スリルといっても、ワクワクドキドキ楽しい方のそれではなく、「薄氷を踏む」に近いニュアンスの。

 生まれたての雛鳥が、最初に見たものを親だと思ってついて歩くように、トマベチさん仕切りのトークについてゆく中島知子。カメラスイッチのタイミングを逃し、自虐ネタもなし。往年のタレントとしての勘は戻っておらず。肝心の「自称占い師」の件もまったく出ないまま。「芸人として、2度とコンビは組まない」とも語っていたが。トマベチさんとのこの状態が、もはや完璧にコンビなのではないか。松嶋尚美、自称占い師、そしてトマベチさんと、常に誰かとコンビを組むのが中島知子の運命なのだ。永遠に、コマの裏と表で誰かとくるくる、くるくる。新コンビ名「リバーシ」で頑張れ。

◎元カレの嫌がらせは自爆に
 YouTubeでホームレス告白の、浜崎あゆみの元恋人。通常なら隠すはずの「恥」の部分をわざわざ公開。死なばもろともの新手の嫌がらせであるな。しかし、浜崎あゆみの脳内では「バックダンサーでヤケド=海外の歌姫みたいな私」てな変換機能がフルモードで作用しているんだろう。ある意味、中島知子レベルで心配な気も。トマベチさ~ん、またクライアント見つかったよ~。

◎優子、躁状態!
 新国王誕生に沸いたオランダ。しかし一番湧いてたのは、鼻息荒く現地に入っていた安藤優子だ。もう完全に、痛いほどに舞い上がり。キャッチライトのないロケで、国のイメージカラーであるオレンジの布を体にぐるぐる巻き。ダライラマか。発煙筒焚いてはしゃぐ人々がいる広場で「あれはテロではないんですが」と笑顔で報告してた。GWの休暇気分に加え、木村太郎からの解放感もあって、もはや躁状態。一方で、木村・安藤両名がいないスタジオも、見ていて「命の洗濯」感が高そうだった。皆にお土産買って、水風呂入って、命の母ホワイト飲んで、火照った体覚ましてからの帰国を、スタジオに代わって、心よりお願い申し上げる。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク