その他
【ジャニーズ研究会レポート】

1日講師を務めた今井翼、思いが熱すぎて理解しづらいブログに!

jimai04.jpg

【ジャニーズ研究会より】

 タッキー&翼の今井翼が26日、静岡県三島市の日本大学三島キャンパス国際関係学部で1日講師を務めた。今井が担当したのは1年生の「スペイン語I」。2007年にスペインでフラメンコの修行を行い、11年にはNHK語学講座『テレビでスペイン語』でナビゲーターを務め、昨年は日本人初の「スペイン文化特使」に選ばれるなど、スペイン通として知られる今井。今回の1日講師も同大の角田哲康教授が『テレビでスペイン語』で講師を務めていたことから実現した。

 約400人の学生を前に「Hola(オラ)」とあいさつ。まずは自身とスペイン語との出合いについて「初めてスペインに渡ったときは、スペインの“ス”の字もわからないくらいで。手の甲に『会計はいくらですか?』とスペイン語を書いていたくらい」と、当時の思い出を披露。「7年前は『なぜ今井翼がフラメンコ?』という意見が多かったのですが、意固地なほどに夢や希望を得るために黙々と踊り続けました」と周囲の声には耳を貸さずに、己の道を歩んだ体験を語った。また、「世界への第一歩は語学学習」と、語学習得の重要さも説いた。

 またジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内の今井のコーナー「Naci para volar.」27日更新分では、「日本大学特別講師」と題し、授業について……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク