【うわさの会見現場から】

嶋大輔の引退&政界転身会見で一番おいしかった!? 名司会者・徳光和夫の魂胆

tokumitsu_intro.jpg
『徳光和夫のイントロ・オン!!』/Sony Music Direct

 4月24日、突然芸能界引退と政界転身を表明、翌日記者会見で正式表明した歌手で俳優の嶋大輔。芸歴32年をかなぐり捨ててまでの新たな門出――その記念すべき会見を仕切ったのは、意外にもタレントの「結婚式」でお馴染み、フリーアナウンサーの徳光和夫だった。

 一見、嶋とは何の関係もないと思われる徳光が司会を務めるということで、記者の中には驚いた者も少なくなかったという。

「会見前に、実は徳光は嶋と長年親しいこと、また嶋の所属事務所でバーニング系列の『フロムファーストプロダクション』とも懇意にしていることを説明。本人は『大好きな“大ちゃん”のために、この場にしゃしゃり出させていただいた』と恐縮気味にあいさつして、嶋本人を呼び込んでいました」(政治記者)

 タレントから政治家に転身した者は、最近だと嶋とも仲の良い元女優の三原じゅん子を始め、多数存在している。しかし、徳光がその手伝いをしたことは「これまでなかったと思います」(芸能関係者)という。いくら仲の良い芸能界の知人が出馬するからとはいえ、政治色がつく会見の司会を引き受けた裏には、一体何があったのか。「ヒントは新たな“収入源”ですよ」と笑いながら話すのは、事情に詳しい中堅芸能プロ幹部だ。

「要は、タレントの結婚式以外にも『あのジャンルの司会は徳光に任せよう!』という仕事を増やしたかったのではないでしょうか? 理由はずばり、徳光のレギュラー番組が激減したことが大きいと思います。現在、テレビのレギュラー番組はほぼすべてBSですし、ラジオのレギュラーも1本だけ。これまでの蓄えがあるでしょうから生活に困っているとまではいかなくとも、やはり以前よりも露出が減っている事実は否めない。こうした話題の場所で司会を務めることで、新たに出馬するタレント候補にも売り込みをかけるつもりなんでしょうね」

 嶋が選挙に当選しなくても、さしてマイナスイメージがつくこともなく、存分に新たな仕事を得るためのアピールもできた今回の会見。徳光にとっては、なんともうまみのある仕事だったに違いないだろう。

戦中生まれがまだまだ頑張っている!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー