【うわさの会見現場から】

嶋大輔の引退&政界転身会見で一番おいしかった!? 名司会者・徳光和夫の魂胆

tokumitsu_intro.jpg
『徳光和夫のイントロ・オン!!』/Sony Music Direct

 4月24日、突然芸能界引退と政界転身を表明、翌日記者会見で正式表明した歌手で俳優の嶋大輔。芸歴32年をかなぐり捨ててまでの新たな門出――その記念すべき会見を仕切ったのは、意外にもタレントの「結婚式」でお馴染み、フリーアナウンサーの徳光和夫だった。

 一見、嶋とは何の関係もないと思われる徳光が司会を務めるということで、記者の中には驚いた者も少なくなかったという。

「会見前に、実は徳光は嶋と長年親しいこと、また嶋の所属事務所でバーニング系列の『フロムファーストプロダクション』とも懇意にしていることを説明。本人は『大好きな“大ちゃん”のために、この場にしゃしゃり出させていただいた』と恐縮気味にあいさつして、嶋本人を呼び込んでいました」(政治記者)

 タレントから政治家に転身した者は、最近だと嶋とも仲の良い元女優の三原じゅん子を始め、多数存在している。しかし、徳光がその手伝いをしたことは「これまでなかったと思います」(芸能関係者)という。いくら仲の良い芸能界の知人が出馬するからとはいえ、政治色がつく会見の司会を引き受けた裏には、一体何があったのか。「ヒントは新たな“収入源”ですよ」と笑いながら話すのは、事情に詳しい中堅芸能プロ幹部だ。

「要は、タレントの結婚式以外にも『あのジャンルの司会は徳光に任せよう!』という仕事を増やしたかったのではないでしょうか? 理由はずばり、徳光のレギュラー番組が激減したことが大きいと思います。現在、テレビのレギュラー番組はほぼすべてBSですし、ラジオのレギュラーも1本だけ。これまでの蓄えがあるでしょうから生活に困っているとまではいかなくとも、やはり以前よりも露出が減っている事実は否めない。こうした話題の場所で司会を務めることで、新たに出馬するタレント候補にも売り込みをかけるつもりなんでしょうね」

 嶋が選挙に当選しなくても、さしてマイナスイメージがつくこともなく、存分に新たな仕事を得るためのアピールもできた今回の会見。徳光にとっては、なんともうまみのある仕事だったに違いないだろう。

戦中生まれがまだまだ頑張っている!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク