涙の謝罪会見もあったのに

田島優成、ブログで謝罪も、ファンからの叱責コメントを手作業で削除!?

tajimayusei.jpg
田島優成公式ブログより

 出演する舞台『効率学のススメ』の本番を寝過ごしてすっぽかしてしまい、結果公演中止にさせてしまった俳優の田島優成。翌々日には謝罪会見を行い、自ら「無名な若造」と語った田島だが、今年2月には水谷豊の長女で女優・水谷趣里との交際が報じられている。

 会見では「取り返しのつかないことをしてしまった」と、涙ながらに謝罪を繰り返し、また会見同日には自身のブログを更新し、「全て私の不注意が原因です」とこちらも謝罪に徹していた。ところが……。

「ブログにはファンのみならず、ニュースを読んだ一般人や関係者とみられるもコメントも相次ぎましたが、よくよく見ていると、掲載後少し時間がたってから、いくつかのコメントが削除されていたんです。厳しい言葉で田島を非難するものもあれば、苦言を呈した上で『しかし自分はファンを続けます』といった、熱心なファンからのコメントまで、批判的な文言が少しでも含まれたものは、すべて削除の対象になっていたようです」(芸能ライター)

 ただの誹謗中傷であるならまだしも、熱心なファンからの、しかも一度掲載されたコメントが、一体なぜ削除されてしまうのか。

「アメブロのシステムは基本的に、読者の投稿を管理会社がチェックし、不適切なワードなどが記載されているものを省いた上で掲載されます。しかし一度掲載されたものが時間がたってから消えたということは、タレント本人や所属事務所関係者が、手作業で削除しているということ。確かにコメント欄が批判ばかりで埋め尽くされてしまうのは不本意でしょうが、こうした事態に厳しいエールを送るファンに対する態度としては、逆に“不適切”としか考えられません」(芸能プロ関係者)

 所属事務所であるトップコートは、田島に謝罪させる場所を設けた上、当日会場を訪れた観客の交通費を負担するという、異例の処置を設けた。

「あのブログの対応を見ると、どうやっても『売名に繋げよう』といった思惑が透けて見えてしまいます。しかし、それで知名度が上がったとしても、舞台をすっぽかすなんてことをした俳優をマネジメントしていくのは、やはり難しいでしょう。本人に対しても、今後減棒や謹慎といったペナルティもあることでしょうが、もしこれからも芸能界で活動したいのならば、よほどの覚悟と幸運に恵まれないと厳しいと思います」(同)

 謝罪会見では、涙ながらに誠意を見せた田島だったが、しばらくは本人だけではなく所属事務所関係者を含めて、この失態へのつぐないを続けていくしかないようだ。

娘ラブな豊がアップを始めたようです

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  15. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー