【ヤリマン肯定主義】第20回

SNSで男を漁るヤリマンが、「男日照り」アピールをしてはいけない理由

sns_yarikatsu.jpg
Photo By CarbonNYC from Flickr

 「セフレがほしいけど出会いがない」とボヤいている、ヤリマン活動難民の皆様! 私自身「出会いがない」という悩みをよく聞くことがありますが、そんな時は「だったらネットで探せばいいじゃない?」と言っています。中には、「出会い系で怖い思いをするのでは?」と不安に思う方もいるかもしれませんが、SNSの発達によって、ひと昔前ほどネットでの出会いは特異なものではなくなってきています。ネットを利用することで、ヤリマン活動の間口が広がることは間違いないです。

 筆者がネットヤリ活に着手したのは約7年前、当時一世を風靡していたmixiでデビューしたのが最初です。その後およそ4年間にわたって、アメブロやTwitterというように、その時代に合わせた狩り場を利用してきました。そういった実体験から、今回はネットを駆使したヤリマン活動のいろはをご紹介させていただきます。

■「飢えてる感」は絶対にタブー! 

 ネットヤリ活のコツは、なんといっても「相手の立場になって考える」ということ。私たち女性も、自己紹介文に「セフレ大募集中!」「セックスしたい娘、集まれ~」などと書いている、“飢えてる感”が漂う男性ユーザーには惹かれないですよね。ましてや、いきなり直接メッセージで「欲求不満なんだろう?」「俺が慰めてあげるよ」など言語道断!

 同様に、男性陣とて、飢えてる感が漂う女性は敬遠します。中には、飢えてる感が漂う女性を好む男性も存在しますが、「飢えている男日照りな貴女に、我が宝刀を挿れてしんぜよう!」という、上から目線の勘違い男性ばかりです。勘違い男性とはセックスが楽しめないですよね。セックスが楽しめる男性と出会うには、兎にも角にも飢えてる感を漂わせないこと。Twitterならまずはリプライのやりとりで、Facebookなら投稿に対するコメントのやりとりで、まずは性交関係ならぬ友好関係を築きましょう! 

 そこに、セックスを連想させるような文言は一切必要ありません。バストのサイズだのエロ写メだの下ネタは、いっさい封印! こちらが通常会話推しの姿勢をアピールしているにもかかわらず、話題をエロ方向に誘導しようとするのは、飢えてる系の勘違い男性です。通常会話でのまともなやりとりが成り立ってこそ、直接会ってのセックスも盛り上がるというもの。

 通常会話が数週間~1カ月ほど続けば、自然と直接メッセージを交わす間柄へと発展します。経験上、ここからの展開は早いです。TwitterやFacebookのメッセージ機能を介してのやりとりから、ケータイメール・LINEでのやりとりに発展するまでには、大して時間がかかりません。

アタチは小朝師匠……アリよ♪

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム