[TVツッコミ道場]

石橋貴明が絶賛、壇蜜のビジネス本的発言にみる「やりとりのセンス」

erosunosahou.jpg
『エロスのお作法』(大和書房)

 今回ツッコませていただくのは、壇蜜が登場した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の「新・食わず嫌い王決定戦」(11日放送分)。

 急にメディア露出を高め、話題になってきた頃には、リア・ディゾンみたいな「企画モノ」の人かと思った。でも、葬儀会社に勤めていたことから、「仏壇」と、お供え物を意味する「蜜」という仏教に関する言葉から芸名を考えたという話や、各種インタビューなどから受ける印象は、けっこうな「キレ者」でもある。

 そして、この番組によって、その印象はますます強まった。登場するや、石橋貴明に超至近距離からじっとり見られつつも、まったく動じず、目線も逸らさず見返す壇蜜。石橋が絶賛していたポイントは「やりとりのセンスが抜群」という点だが、この日も存分に発揮されていた。たとえば……。

○スギちゃんに「自分の中で気に入らない部分ってあるんだぜ?」と問われると、一言。
「奥歯がインプラント」。これだけでも面白いのに、さらに「『奥歯見せろ』って言われたら恥ずかしくって」とふることで、「奥歯見せろ」「もっと見せろ~、もっと見せやがれ」(スギちゃん)というオイシイ流れを作っていた。

○「思わずセクシーだと感じてしまう男性の仕草」の答えは、「セカンドバッグの中から荒縄が出てくるとき」。

○麻雀をするという話の流れで、石橋に「負けたらどうする?」と聞かれ、こう返答。「負けたらやっぱり……脱衣?」

○「普段着ている洋服なども全部西友」「私から西友をとったら何も残らない」

○「前の彼はスティーブ・ジョブスに似てました。ギリシャ神話の話をしてくれました」

○加納典明が撮影する際、ソファで水着+M字開脚で「何か足りない」ということから、自分の財布からクレジットカードを出して股間にあてた。「カードリーディングされたので、一応、『ピッ』て言っておきました」

 落ち着いた態度や物静かな雰囲気、頭の回転の早さもさることながら、感心するのは、どのエピソードも返答も、ムダな情報を極限まで削ぎ落とし、まるでキャッチコピーのように短く強い言葉のみで紡がれていること。

 さらに強い印象だったのは、白目の分量が非常に多く、黒目をまったく動かさずに喋るところだ。グラビアの女性って、「童顔+巨乳」ジャンルでなくとも、一般的に黒目が大きくクリクリした瞳の人が多いと思うのだが、壇蜜はまったく違う。黒目を動かさず、端的な言葉で冷静に笑いを取る様子は、同性目線で見ると、「エロス」というよりも、むしろデキるビジネスマンの印象にも近い気がする。

「自分の意思は極力ないようにしています」
「女性が発想したエロスが男性の脳を刺激するって考えにくい」
「餅は餅屋で、男の人が発想したエロスが男の人の股間を熱くすると思う」

 ……思えばこうした発言も、ビジネス本の見出しみたいではある。最近本を出したばかりの壇蜜だが、今度はエロスに限らないビジネス理論も聞いてみたい気がした。
(田幸和歌子)

芸能界という会社では珍しい デキる中堅OL誕生

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

石橋貴明が絶賛、壇蜜のビジネス本的発言にみる「やりとりのセンス」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! TVツッコミ道場とんねるずのみなさんのおかげでした壇蜜石橋貴明のニュースならサイゾーウーマンへ!