クイック土下座も見納め!

ビッグダディ、番組終了で「漫画家になりたい」! 元妻とは泥沼暴露合戦に発展も?

bigdaddy_hayasshimoto.jpg
『痛快!ビッグダディ』(テレビ朝日
系)公式サイトより

 21日放送予定の『痛快!ビッグダディ第19弾2013春』(テレビ朝日系)で、ビッグダディこと林下清志さんをめぐる大家族ドキュメンタリーが最終回を迎えるのではと、16日発売の「女性自身」(光文社)が報じている。以前、同誌は林下さんが妻・美奈子さんと離婚していること、また生活拠点を香川県・小豆島から岩手県・盛岡へと移していたことを報じていたが、いよいよ最終局面を迎えるようだ。

 26日には、林下さん初の著書『ビッグダディの流儀』(主婦と生活社)が出版されることもあり、にわかに『ビッグダディ』周辺が盛り上がりつつある。そして「テレビはもうおなかいっぱい」という林下さん一家の今後のメディア露出については、さまざまな説が流れているという。

「『自身』の記事では、ダディが就職活動に失敗し、再び接骨院をオープンしたことも明らかにされています。また本人は、執筆や講演会に興味を持っているということ、さらには漫画家という仕事に夢を持っていることも伝えられています」(芸能ライター)

 ファンの間では有名な話だが、林下さんは2004年頃、掲示板サイト「2ちゃんねる」で、私小説をアップしていたのではないかと言われている。もともと文章を書くことには抵抗がなかったそうだが、テレビ出演に後ろ向きになったしまった林下さんは、今後は書籍を通じての情報発信を視野に入れているのだろうか。

 一方で、ダディと家族の関係をめぐってはこんな声も。

「毎回ダディの最新事情をスクープしている『自身』ですが、夫婦の会話や家族の細かな心理など、当事者にしかわからない情報が次々と掲載されているため、情報源は離婚した妻の美奈子さんなのではと見られています。対するダディは、『週刊女性』を発行する主婦と生活社から著書を発売予定。両誌はライバル同士ですが、こうして出版社が間に立って、夫婦が“代理戦争“を行うのは、まるで高嶋政伸と美元や、上原さくらと実業家の夫のような構図です。芸能人でもない林下さんと美奈子さんですが、今後もこの対立が続いていけば、さらなる私生活の暴露合戦になる可能性も拭いきれません」(週刊誌記者)

 ともあれ整骨院での収入は安定せず、テレビも終わってしまう今、『ビッグダディ』の名前を利用してお金を稼ぐという行為は、ある意味まっとうなのかもしれない。視聴者からの需要もいまだ高いため、今後しばらくは、『ビッグダディ』関連の出版や講演会が相次いでいくことだろう。

あざみんとこの40万部に負けんな!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー