ヒーロー復帰ってありえない!

塩谷瞬、キス写真流出カップルも出演! 新『ハリケンジャー』の妙な見所

harikennzya-.jpg
『忍風戦隊ハリケンジャー Vol.11』
/東映ビデオ

 塩谷瞬がかつて主演したスーパー戦隊シリーズ『忍風戦隊ハリケンジャー』(テレビ朝日系)が、10年ぶりに復活することになった。完全オリジナル新作となるVシネマ『忍風戦隊ハリケンジャー 10 YEARS AFTER』が、今年8月にDVDとブルーレイで発売されるという。塩谷といえば、昨年4月に起こった、冨永愛と園山真希絵をめぐる二股騒動のイメージが定着したままだが、まさかの“ヒーロー”復帰に、ファンからも驚きの声が上がっている。

 同作のオリジナル版は2002年から、約1年間放送された。今回の復帰版でも、オリジナル版に出演した長澤奈央、山本康平、白川裕二郎、姜暢雄、山本梓ら、現在も活動を続ける豪華役者が顔を揃えている。

「クランクインは今月3日で、すでに都内での収録が始まっています。塩谷も望んでいた芝居の仕事が入ったと、前向きに撮影に取り組んでいるようです」(芸能プロマネジャー)

 しかし例の騒動もあって、10年前とはイメージがガラッと変わってしまった塩谷。およそヒーローとは結びつかないネガティブなイメージだが、オファーが実現したきっかけは何だったのだろうか。

「今回に関しては、塩谷サイドが動いたわけではなく、完全に東映側からのオファーでした。映画業界は完全に冬の時代で、東映はヒーローものと仮面ライダーの収益で何とか食いつないでいる現状。塩谷についても、マイナスイメージ以上に話題性という意味で声がかかったんでしょうね。パッケージ販売だけのファン商売だけに、どれだけ冒険をしても赤字になるというものではありませんから」(制作会社関係者)

 打算的な部分も感じられるオファーではあるものの、やはり役者の道を突き進みたい塩谷にはうってつけの再演だったようだ。

「むしろ一瞬ドキッとしてしまったのは、塩谷ではなく姜と山本の共演。あまり公には報じられていませんが、この2人はかつてプライベートのキス写真が流出したことにより、暗黙の了解のカップルとされていました。すでに山本は俳優の尚玄と交際宣言をしているため、姜は“元カレ”ということになりますが、やはり月日が流れても元カップルが共演というのは異例の事態です」(同)

 二股騒動後の塩谷の再演、姜と山本の再共演など妙な見どころも多数だが、まずは新生『ハリケンジャー』の復活を喜びたいところだ。

東映のイケイケドンドン戦略!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  9. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  10. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  15. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー