女なら「仲いい振り」ぐらいできますから!

パリス&カーダシアン姉妹の不仲をパロディ化した広告が話題に!

ParisHilton04.jpg
パリスは劣化がひどいから人気ないんじゃ……

 永遠のパーティーガールとして知られるパリス・ヒルトンと、彼女から“お騒がせセレブ”の座を剥奪したキム・カーダシアン。ここ数年、2人は敵対関係だと伝えられているが、そのことを利用した自動車メーカー・フォードの広告がネットに流出し、論議を醸した。パリスは「仲良しの友達なのに。バカよねぇ」と一笑に付したが、カーダシアン家は嫌悪感丸出し。ネット上では、パリスの反応の方が大人だと好感度が上がっている。

 2月に迎えた32歳の誕生日に“不思議な国のパリス”というテーマでコスプレし、ド派手パーティーを開いたパリス。彼女は「“有名なこと”で有名」という新たなステータスをアメリカの芸能界に築き上げた貢献者としても知られている。過去にはトラブルを起こし、“お騒がせセレブ”の名をほしいままにしていたこともあったが、ここ数年は取り巻きの一人だったキム・カーダシアン率いるカーダシアン三姉妹にスポットライトを奪われ、人気は下火に。話題性が乏しくなったパリスは、“過去の人”扱いされることも多く、表面上は冷静を保っているが、キムに対して激しい嫌悪感を抱いていると伝えられている。


 そんなパリスのカーダシアン嫌いをテーマにした広告が流れたのは、先週のこと。世界中のユニークで優れた広告を集めたサイト「Ads of the World」に、インドの大手広告代理店「JWT India」が制作した、フォードのインド市場向けハッチバック「フィーゴ」の広告が掲載されたのだ。

 広告は、キム、コートニー、クロエのカーダシアン三姉妹を、フィーゴの後方トランクに拘束・監禁したパリスが運転席でにんまりと笑うという、カートゥーン調で描かれた作品。「悩みごとは、すべてフィーゴの大容量トランクに詰め込み可能」というキャッチフレーズがつけられている。

 広告に描かれたキムは紫のビキニにハイヒール、コートニーはピンクのミニドレス、クロエは緑のキャミソールにジーンズという姿で、キムとコートニーは口にガムテープ、クロエは猿ぐつわをはめられ、手足を縄で縛られている。三姉妹の顔の特徴はよくつかんでおり、キムはかなりのナイスバディに描かれているのだが、運転席のパリスは顔しか描かれておらず、おまけにあまり似ていない。

 今回流れた「フィーゴ」の広告には3パターンあり、「黄のフィーゴでカーダシアン三姉妹を誘拐するパリス」のほかにも、「赤のフィーゴでセクシー美女3人を監禁する、イタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニ前首相」「緑のファーゴでライバルのセバスチャン・ベッテル、ルイス・ハミルトン、フェルナンド・アロンソの3人を誘拐する、F1レーサーのミハエル・シューマッハ」がある。

 誰もが知っている有名人を使ったブラックユーモアあふれる広告なのだが、ベルルスコーニ前首相のバージョンが、「前首相はセックススキャンダルにまみれた無類の女好きとはいえ、残虐なレイプ殺人事件が勃発しているインドでこれを使うのはいかがなものか」と大問題になった。事態を深刻に捉えたフォードと、「JWT India」の親会社「WPP」は、それぞれ正式な謝罪声明を発表。広告は料金が発生する通常の広告ではなく、「JWT India」の社員が勝手に作り「Ads of the World」に投稿したものだと説明し、関係した社員には厳しい処分を下すとした。広告はすぐに「Ads of the World」から削除されたが、ニュースサイトなどで見ることが可能だ。

 カーダシアン三姉妹は、この広告にいち早く反応し「この問題を軽く考えてもらっちゃ困る。法的手段に出ることも辞さない」と息巻いた。パリスとの敵対関係をネタにされたことには触れず、「全女性に対する侮辱だ」と大げさにコメントしたため、ネットでは「反応しすぎ」と冷ややかな目で見られた。一方、パリス側は何のコメントも出していなかった。

 そんなパリスが、3日、ロサンゼルス国際空港でファンからのサイン攻めに遭っているところを、米ゴシップ芸能サイト「TMZ」が突撃取材し、問題の広告についてどう思うかと質問。その様子を収めた動画が公開された。つばが広い黒の帽子に大きなサングラスをかけ、胸が大きく開いたサマードレスを着たパリスは、微笑みながら首を横に振り、「ばかばかしいと思うわ。アタシたちは仲良しの友達なのに。バカよねぇ」とコメント。パパラッチから、「すべてがばかばかしく思えてくるよなぁ」という言葉を投げかけられると、「よねぇ」とにっこりした。パリスは嫌な顔せずサインに応じており、「パリス、大好きよ!」とファンから声をかけられると、「アタシも、アナタが大好き」と微笑むなど、ファンサービスを炸裂させていた。

 米ニュースサイトは、このパリスのコメントを、「パリスが、カーダシアン姉妹を友人だと言った!」と、こぞって報道。パリス流の皮肉かというニュアンスで伝えた。

 リッチな親を持ち、パーティーと男、そして派手なことや注目されることが大好き。セックステープが流出したり、リアリティ番組を制作したりと共通点が多い2人。だが、パリスはラジオ番組で「キムみたいなお尻なんて欲しくないわ。キモすぎる! カッテージチーズをゴミ袋に詰め込んだみたいだし」と吐き捨て、キムも2010年にパリスがコカイン所持容疑で逮捕された時に、「アタシは飲んべえじゃないし、薬物もやんない」「家族の絆が固いから、問題を起こさないの」「小さい頃からパパに信頼されていたわ。だからハメを外さないの。責任感が強いのよ」と発言。遠回しにパリスを見下したと話題になった。

 2人は、昨年半ばから仲直りしたと報道され、12月にはお互いの彼氏を連れて一緒のパーティーに繰り出したと話題に。しかし、和解したように見せかけているだけとの声も根強い。今後、妊娠中のキムが出産した際、パリスがどんな「お祝い」をし、交流を図っていくのだろうか。2人の友情がどのように発展するのか、楽しみである。

目立ちたがり屋の下剋上劇ってだいたい悲惨

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク