"噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第170回】

オセロ・中島知子、テレビでは放送されなかった松嶋尚美への恨み節


「女性自身」4月16日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

第170回(3/28~4/2発売号より)

 長嶋茂雄と松井秀喜という2人の球界大物が国民栄誉賞を授与されるという。驚いたのが、これをスクープしたのが地方紙の「上毛新聞」だったこと。筆者の地元紙でもある。それだけで単に感慨深い。地元愛(笑)?

1位「中島知子 放送されなかった呪怨の叫び――『私は松嶋尚美に捨てられた!』」(「女性自身」4月16日号)
2位「上原さくら 離婚調停当日も…“連日密会”不倫恋人と溺れた『激安ラブホ3時間3千900円』!」(「女性自身」4月16日号)
3位「森三中 『ブスが女出しちゃダメ』で大島 村上に亀裂」(「女性セブン」4月11日号)


 3月29日の『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)は驚いた。あの中島知子本人が、インタビュー出演したからだ。ここ最近、中島の動向は急だった。週刊誌やスポーツ紙、テレビなどに写真や近況、短いながら本人コメントがボチボチと出始めていたが、その中でテレ朝がまさかの本人独占インタビューをスクープしたのだから。しかも、かつて激太りといわれた頃よりもほっそりしてマトモに見えた。だが、話している内容はかなり疑問符の付く矛盾だらけのものだった。そもそも、売れっ子だった中島が霊能師に金を借りていたということ事態が怪しい。それはさておき、今週女性週刊誌3誌ともに中島を取り上げているが、頑張っているのは「自身」である。精神科医の香山リカを登場させ、「非常に不自然な印象」「表情が乏しくセリフをそのまま話している印象」「洗脳されていることを認識していないのがマインドコントロール」、と分析させている。さらに、『ワイド!』では放映されなかった部分があり、そこには、相方・松嶋尚美に裏切られた、事務所の対応に不満がある、などといった恨みが強く感じられる言葉も多かったという。

 これまでにも中島の霊能師への傾倒、芸能界休養の裏には“勝手に独立し、自分を裏切った”相方への不信感があるといわれてきた。それを今回、本人の口から明言したことになったが、これは中島騒動を解く1つの鍵だと思われる。松嶋は今回の中島の告白を受け、それを否定したが、確執や事実が問題ではない。中島が“そう思い込んでいる”ことこそ本質だと思うから。

 今回の騒動は、そもそもの原因は中島の真面目さ、上昇志向にあるとみる関係者は多い。かつて中島は絶好調だった。芸人としてだけではなく、女優や司会もこなし、オセロの仕事だけでなくピンの仕事が多かった。関西でいうなら上沼恵美子のような存在になりたかった。当然相方を“自分より下”だと思っていた。だが次第に、その強烈な上昇志向、尊大な態度に反感を持つ関係者も多くなっていったらしい。だから激太りした際も、密かに反感を持っていたマスコミ関係者は喜んで情報を提供し、それをネタにした。その上、井上陽水との不倫にも敗れた。

 一方、自分より下だと思っていた松嶋だったが、次第にピンの仕事も好調になり事務所を独立、結婚、出産もした。真面目で上昇志向の強い中島が、それを許せなかったのは想像に難くない。でも真面目だから「自分が至らないのかな」と思っていたかもしれない。そんな折、「悪いのは松嶋」と自分を全面的に支持し褒めてくれる霊能師が現れた。そう、悪いのは自分じゃなく相方――。そんな被害妄想を植えつけられた。そして、今回の一連の騒動である。それにしても、いまだに「霊能師に会いたい」という中島は洗脳ではなく“恋”とさえ思えてくる。これが男問題だったら、これほどの騒動にはならなかったと思うのは私だけだろうか――。

 いやー、またまた面白い展開になってきた。離婚調停の最中にある上原さくらであるが、これまでにも囁かれてきた不倫の決定版ともいえる記事が掲載された。離婚調停の3日前に、男2人と高級レストランで泥酔したと報じられた上原だったが、今回はその男の1人と、入院中の医療施設を抜け出しラブホに行ったというのだ。

 記事によれば3月25日、入院先を抜け出した上原と男が向かったのは、神奈川県のとあるラブホ。休憩3時間で3,900円という激安ラブホらしい。しかも、ラブホ入りの前にはコンビニで食料調達――。セレブ女優とは思えない行動である。さらにこの男、連日のように上原の入院先に来ては、面会時間ギリギリまで上原と過ごすのだとか。仕事は? 何者? と思ったら前の勤務先が倒産し、現在は飲食店のキャッチをしている人物らしい。お金大好きな上原にしては意外な人選である。「自身」は、これらの状況から離婚調停に際し「場合によっては慰謝料ゼロの判決」の可能性も示唆している。そりゃそうだ。そんなこと指摘されなくても十分にわかりそうなものなのにね。

 だが、上原ってお金が大好きだと思ってたけど、それ以上にいつも男がいないとダメなタイプなんだな。考えれば2度の結婚も“お金”だった。しかし2度とも上手くいかなかった。そして36歳になった今、女優業もイマイチ。まだ子どもでもいればママタレとして生きて行く道もあっただろうが、子どもはいない。泥沼の離婚騒動も勃発、自殺未遂なども公表。だから芸能人としてのイメージも、もうどうでもいいのだろう。そんな破滅的、捨て身となりつつある上原が、お金持ちでない男と不倫をする――。でも今回の男はきっと、上原にとって“本当に自分の好みの男”なのかもしれない。芸能界の離婚劇は情報戦ともいえる昨今、今のところ上原は圧倒的に不利な立場に追い込まれた。もう一度、起死回生のドロドロ暴露話を期待しています。

 森三中の大島美幸と村上知子が不仲らしい。それだけで笑えるが、理由は――。なんでも離婚間近といわれる村上だが、周囲からは“かわいい”と結構にモテるらしい。“女”として扱われることがうれしい。しかし、それに噛み付いたのが大島だった。デブブスを売りにする女芸人グループだから「ブスが女を出してると笑えない!」と怒ったとか。しかし納得のいかない村上。「大島はしょせんダンナ(鈴木おさむ)の受け売り」と批判までしているとか。一触即発! 顔を見るだけで結構ややこしそうな性格していそうな村上VS顔を見るだけで性格が良さそうな大島。女同士の関係はデブでもブスでも難しいということか。怖い(笑)。

女の目線が女を一番苦しめてるっつうの

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク