その他
【ジャニーズ研究会レポート】

【ジャニーズJr.青田買い】振付師というジャンルの開拓者・屋良朝幸

【ジャニーズJr.青田買い】振付師というジャンルの開拓者・屋良朝幸

 1983年2月1日、千葉県で生まれた屋良。小学6年生になったばかりの95年4月、ジャニーズ事務所に入所、同期には滝沢秀明と今井翼の姿があった。オーディションでは不合格だったが、「目はキリッとして猫みたいだし、コケティッシュな魅力がある」とジャニー喜多川氏が声をかけ、コンサートに出ることになったとか。当時「やらえもん」「ヤラネコ」といったかわいらしいニックネームで呼ばれていたようで、今のようなニヒル感はなく、はにかんだような笑顔でファンを魅了していた。  90年代半ば~00年前半にかけては、ジャニーズJr.黄金期。99年に嵐がデビューするまでは、デビュー組はSMAPとTOKIO、V6、Kinki Kidsしかおらず、ジャニーズJr.だけで各地のドームを何日間もいっぱいにするほか、ゴールデン枠でのレギュラー番組もいくつか持つほどの勢いだった。そんな中、屋良は高位置をキープ。松本潤や二宮和也、山下智久といったいわゆるアイドル出世コースではなかったが、ダンスの評価は高かった。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

【ジャニーズJr.青田買い】振付師というジャンルの開拓者・屋良朝幸のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!