[連載]ジョニーの小部屋

実はジャニーズエリート! V6・長野博のグルメだけじゃない魅力に迫る


博、いいTシャツ着てんじゃ~ん

泣く子も黙る芸能界のドンであるジョニーさん(81)に、大好きな男のコのコト、いろいろ聞いちゃえ!!

[今月のジャニタレさん]
長野 博 (40歳)

1972年10月9日、神奈川県生まれ。A型。V6のメンバー。趣味のサッカーでは川平慈英と同じチームに所属。車やバイク好きとしても知られる。近年はグルメタレントとして活躍し、レポーターのほか、雑誌のグルメ連載なども多く抱える。実は巨乳好きという意外な(?)一面も。

――さて、今回はジャニーズきっての食通として知られる長野博くんです。「京都日帰り食べ歩き9軒」や「横浜中華街7軒ハシゴディナー」など、プライベートでバラエティ企画のような弾丸ツアーをこなす食へのこだわりから、「ジャニ麿呂」なーんてからかわれていたのも今や昔、いつの間にやら本格派のグルメタレントとして活躍していますね。自身で2冊目のグルメ本も上梓、グルメ関係でレギュラー番組も増えているし、『アイアンシェフ』(フジテレビ系)で審査員を務める姿もさまになっていました。

ジョニー うんうん、食を語る時の博は楽しそうで可愛いよネ。瞳がキラキラ輝いて、まるで少年みたいでサ……。

――最近では「自宅でお米を美味しく食べるために、精米機、土鍋、羽釜を愛用してる」とか語っちゃって、「うんちくが寺門ジモン並みにウザイ」なんて声もありますが、何も取り柄がなくて扱いに困っちゃうアイドルに比べれば、得意分野があるっていうのは良いことですもんね。『魔法のレストラン』(MBS)も今度始まるNHK-BSでの新番組も、グルメっていうセールスポイントがなければ実現しなかったでしょうし。

ジョニー なんだか微妙に失礼な気もするけど……。でもサ、博はアイドルに珍しく「俺が、俺が」ってタイプじゃないから地味な印象になりがちだけど、実はグルメだけじゃなくて運動神経もとびっきり良いし、歌もダンスも演技もこなせるマルチな才能を持ってるんだヨ! それになにより、顔をよく見てヨ! 実はすごい正統派の男前なんだから。ボクなんて、履歴書見た瞬間に「なんてハンサムボーイなんだ!」って感動して、速攻で合格させちゃったくらいだからネ。

――なるほど~。だから事務所歴も長いんですね。

ジョニー 実は、(佐藤)アツヒロや城島(茂)よりも入所は数カ月早いんだヨ。

――へえ~! 意外です!! 

ジョニー 博は、その時点ですでに原石っていうより完成してたからネ。入ってすぐに、少年隊のレコード大賞新人賞のステージで私服のままバックダンサーとして登場させちゃったんだ♪

――その後も平家派のメンバーとして活躍したり、元SMAPの森且行くんと一緒に『金八先生』(TBS系)の生徒役に抜擢されたりと、前半からかなり飛ばしてましたもんね。でもその後、いつのまにかフェードアウトして、専門学校に通いながら居酒屋でバイトをしていた時代もあったとか……。一体何があったんでしょう。

ジョニー うーん。もともと思春期の博は、自分が芸能人であることを恥じているようなムードがあったからネ。高校の時も「『3年B組』や『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出てることが同級生にバレてなくてホッとしてた……」なんて言ってたくらいだから、目立ちたがり屋が多いアイドル界では珍しいタイプだと思うヨ。ボクがスケートボーイズに入れたくて2回くらい誘った時も、連続で断られちゃったし。

――え! スケートボーイズの候補だったんですか? じゃあ、もしかしたらSMAPに入っていた可能性もあるかもってことですよね。そういえば、中居(正広)くんがデビューした時に「俺、中居より長いのに、SMAPに入れなかったよ」ってこぼしてたって言ってました。

ジョニー 自分からチャンスを逃したくせにネ。もし博がいたら、キャラがかぶってる草なぎ(剛)あたりはいなかったかも……。まあでも、そうこうしている間にレッスンにも自主的に来なくなって、専門学校に通い始めちゃって。2年半くらいしてからミュージカルで適役があったから「受けてみない?」って声かけて、ようやく戻ってきてくれたんだヨ。

――それだけ熱望して迎え入れた割に、そこからデビューまで3年もかかったんですね。お得意のじらし作戦ですか?

ジョニー 違うヨ!! ボク的にはネ、その間に博に芸能界で強く生きる術を学んでほしかったの!! だから内海(光司)や植草(克秀)の付き人をさせたりして鍛えたんだから。

――なるほど。長野くんの醸し出す苦労人のオーラは、そんなところで養われちゃったんですね。その後、23歳というフレッシュとは言い難い年齢でデビューしたのが1995年。それからはV6のお父さんである坂本くんに対し、お母さん的なポジションでグループを支えてきました。

ジョニー 博の素敵なところは、聖母のような優しさと、何もかもを包容する器の大きさだよネ。

――同グループの井ノ原快彦くんからも、「日本の“優しい”の規準である」とまで言われてますもんね。「精神的に強い」「絶対に疲れたとかしんどいと言わない」と称賛されたり、ファンにも愛想が良くて、おまけにお酒も煙草もやらなくて、車にしても携帯にしても気に入ったものは何年も大切に使って物持ちが良くて……アレ、こんなに“お買い得物件”なのに、なぜ浮いたうわさがないんでしょう。唯一のスキャンダルが、料理研究家・園山真希絵との代官山デートって……。塩谷瞬とのゴタゴタで勘違いキャラが露呈した園山が相手じゃ、逆に人生の汚点でしかないですもんね。うーん、欠点がなさすぎてつっこみどころがないのが原因でしょうか。

ジョニー ……ふう。そうなんだヨ。普通に優等生すぎてつまらないところが、博の唯一の欠点かもしれないね。

――結婚相手にはいいかもしれないけど、恋人としてはどうかな、みたいな。

ジョニー そうそう。たまに出すブラックな毒舌も、面白みがないせいか、いまひとつ生かし切れてないしサ。

――もういっそのこと結婚して、いいお父さんキャラで売ったらどうですか? まぁ、たいして話題にならないかもしれませんが。

ジョニー あー、そんなのダメダメ!!! それはダメなの!!!!

――……じゃあ、調理師免許と野菜ソムリエの資格も持ってることだし、坂本くんと組ませてアイドルレストランを経営するとか。

ジョニー Oh!! それgood ideaだネ♪ 坂本も前から「10坪くらいの小さな料理店を持つのが夢」って言ってたし、喜ぶだろうなぁ。四十路すぎの美形男子が二人三脚で小料理屋を営むなんて、夢の世界だよね。行き場に困ったアイドルたちも、そこで働かせればいいし……。よーし、こうしちゃいられない! 早速、物件探しにいかなきゃ。オープンしたら、みんなぜひ食べにきてよネ♪

[略歴]
1986年 シブがき隊ファンだった姉が履歴書を送ったところ、わずか1カ月でオーディション参加の連絡が入り、4月にジャニーズ入り
86年12月 少年隊がレコード大賞新人賞を獲得したステージで、「仮面舞踏会」のバックダンサーとして初ステージを踏む
88年 「平家派」メンバーとして光GENJIのバックを務める
88年10~12月 ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系) 第3シリーズで、SMAP・森且行と共に生徒役で出演
90年 綾瀬西高等学校在学中に事務所からフェードアウト。卒業後は情報処理系専門学校へ進学
92年 事務所から連絡が入り、ジャニーズJr.へ復帰。2日後には少年隊の全国ツアーに同行する
95年前半 Jr.として活動しながら、光GENJI・内海光司、少年隊の植草克秀の付き人を務める
95年11月1日 V6として「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー
96年1~3月 ドラマ『ハンサムマン』(テレビ朝日系)で初主演
96年9月~97年8月 『ウルトラマンティガ』(TBS系)でジャニーズ初の特撮変身ヒーローに
99年10月 モータースポーツ情報番組『BOON!』(日本テレビ系)スタート。メイン出演者として活躍。2002年に『MOBI』にリニューアルし、04年まで続く
02年 「バイクにフレンドシップ大賞」受賞
03年 舞台『フォーティンブラス』で単独初主演
06年9月 料理研究家の園山真希絵との代官山レストランデートが「フライデー」(講談社)に報じられる
07年 モータースポーツイベント「ラリージャパン」のPR大使に就任
08年 初の著書『クル日もグルメ』(M.Co.)発売
09年 野菜ソムリエの資格を取得
10年 メインMCに抜擢された『料理の怪人』(テレビ東京)が、低視聴率のためわずか4カ月で打ち切り
12年10月~『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS)レギュラーに
13年2月 2冊目の著書『全部三ツ星! V6長野博の食べ歩きガイド 美味博愛 (BIMI HAKUAI)』(東京ニュース通信社)発売
13年4月~『晴れ、ときどきファーム!』(NHK-BSプレミアム)のメイン出演者に選ばれる

遠征グルメのお供に1冊!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!