今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

真面目、ヒモ、ミステリアス、音痴……長谷川博己のキャラが確立しないワケ

hasegawa_suzuki.jpg
『長谷川博己『鈴木先生』OFFICIAL
BOOK』/学研

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎対応に困る俳優・長谷川博己
 東京ガスのCMに、アニメのウナギイヌと出ている長谷川博己。優しい真面目な歌のお兄さん的なキャラクターを演じているのだが。長谷川博己って、何かこう、キャラがうまいこと定着せず、宙ぶらりんなイメージのまま止まっている感じ。出演した『家政婦のミタ』(日本テレビ系)はヒットはしたが、イマイチ本人に還元しにくい役柄だったし。その前に鈴木京香とやってたドラマも、ラブシーン多めながらも、あまり「ステキ」という女性票は獲得できなかったし。この作品きっかけで世に出たが、相手役の鈴木京香とウワサになったりして、ちょっとヒモ感も匂ったし。結局、カッコいいのか、イイ人なのか、何なのか、どう捉えたらいいのかわからないまま今日に至る感じ。トヨエツから続く、「ツリ目で正統派の美形じゃないけど、何かミステリアスでカッコい~」枠は、後から来た綾野剛にサックリ持っていかれたし。

 CMで、歌を披露する場面があるのだが「あなたはウナギ、うぉううぉうぉー♪」の歌い出しのリズム感皆無の音痴さたるや。あれ笑ったらいいのか、聞かなかったことにしたらいいのか、本人のキャラが定まってないだけに、こちらもどう対応していいのかさっぱりわからない。わからないままでも、本人以外、誰も困らないからいいけど。この関心の低さがまた「キャラ未定」の源なんだが。本人以外、誰も困らないからいいけど。ぐるぐるぐる。

◎菅野美穂も結婚するのに
 昨年に放送されたドラマ『結婚しない』(フジテレビ系)の中で、主人公・菅野美穂の勤務先という設定だった旅行代理店H.I.S.。撮影に使われてたのは、実際の店舗で、ウチのすぐ近所なのだが。いまだに前を通ると、ドラマの主題歌コブクロの「紙飛行機」を、スピーカーで大音量で流しているのである。ドラマとしてもまったくヒットしなかったし、舞台がH.I.S.ってことも特にクローズアップされたわけでもないし。放送されたの去年の秋だし。あれからずーっと、冬になっても春になっても曲を流し続けているんである。見るたび何か「死んだ子の年を数える」という慣用句が浮かんでしまう。別に死んじゃいないけど。「振り上げた拳のやり場に困る」ってのも浮かぶな。別に怒ってるわけじゃないけど。アレ、いつ止めるんだろう。まさか、次にどっかのドラマの舞台に使われるまで流しっぱなしか。

 何でこの曲が流れているのか、道行く人はもちろん、流してるH.I.S.側ももう把握してない気がする。誰も由来を知らぬまま、大音量で流される「紙飛行機」。切ない。由来を1人知っている私もまた切ない。みんな切ない。誰も得してない。即刻中止を。

◎「仮釈放記念 ホリエモン賞」開幕
 刑務所から帰って来た堀江貴文。出所が景気上向きの今と重なってラッキー。「痩せる」というのは、たとえムショ暮らしのせいだとしても、印象としては「良」になるというのが印象的だった。「すっきりデトックス完了~!」みたいな。ま、根はほとんど変わってないと思うけど。とりあえずニコニコ動画で会見、というのがいかにもな感じ。一応もう罪は償ったということで、今後、テレビにも出てくると思うのだが。最初に出演するのは、どの番組なのかをちょっと考えてみた。以下予想オッズ。

『アウト×デラックス 』(フジテレビ系)1.4
『たかじんのそこまで言って委員会』(読売テレビ系)3.5
『サンデー・ジャポン』(TBS系)4.8
『5時に夢中』※金曜日ゲスト(TOKYO MX)6.0
『有吉ジャポン』(TBS系)6.5
『たかじん胸いっぱい』(関西テレビ系)8.8
『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ系)17.0
『マツコの知らない世界』(TBS系)51.5
『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)62.2
『爆報!THEフライデー』(TBS系)70.2
『さんまのまんま』(関西テレビ系)75.6
『中居正広の金曜日のスマたちへ』(TBS系)85.9
『A-Studio』(TBS系)98.8
『ソロモン流』(テレビ東京系)120.2
『おしゃれイズム』(日本テレビ系)160.5
『はままるマーケット(TBS系)』240.0
『アナザースカイ』※第二の故郷「長野」(日本テレビ系)350.9
『オールスター感謝祭』(TBS系)634.6
『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK)1138.2
『徹子の部屋』(テレビ朝日系)3365.6

 あくまでも、「最初に出る番組」ってことで。慣れてきたらある意味全部に出そうであるし。……来るか、徹子万馬券。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク