[連載]ヤリチン卒業!! 叶井俊太郎の子育て奮闘記

幼稚園入園まで1カ月弱! 娘の睡眠パターンを変えたいのに……

kosodateillust137.jpg
(C)倉田真由美

 娘ココは、夜なかなか寝ません。というのも昼寝をするから。オレは平日は会社に行ってるので、昼間は妻くらたまがココの面倒を見ています。妻はだいたい夜中2時、3時まで仕事をしてるから寝るのは朝方です。するとオレが朝7時に起き、ココを8時頃起こすわけなんですよ。で、オレが会社に出かけるのが9時30分なので、このタイミングで妻を無理矢理起こす。ココを1人にすると危ないですからね。妻は毎朝「寝てないんだから! 起こさないで! まったく! いいかげんにしてよ!」と怒鳴るんですよ。

 そして昼頃になると妻は寝不足でお昼寝するようです。で、ココも一緒に寝てしまう。ココは遊ばせておけば昼寝はしないんですよ。土日はオレが朝から夜まで一緒に遊んでるから、昼寝はしません。妻にも「ココが夜寝ないから昼寝させないで一緒に遊んでやりなよ」と言っても、「眠いから仕方がない!」と言い返されるんです。この悪循環で結果的にココは夜は寝ないんですよ! 昼寝した長さにもよりますが、だいたい寝るのが夜中12時前後。昼寝を3時間すると、夜中1時を過ぎることも。こんな時間まで起きてる3歳児はいないんじゃないか? 寝るまではほとんど毎日ポケモンのDVDを見てます。オレは別の番組が見たいんですが、チャンネルを変えると「やめて!」「今のがいい!」とハンパじゃなくでかい声で騒ぐんですよ。なのでオレも開き直って「はいはい、好きにしな!」ってなっちゃうんだよなあ。甘やかしすぎですかね?

 そんなわけで毎日12時近くになるとココをベッドに連れてくんですが、ココは「まだ寝ない! まだ寝たくない、ワーン!」と泣きまくり。オレが「わかったわかった。そしたらベッドにおもちゃ持っていこう!」と話しかけると泣き止むんです。なんだかよくわからんが「おもちゃをベッドに持っていく」が泣き止むツボなわけ。というのもココは寝る時にベッドに必ず持っていく決まりがあるみたいで、マクドナルドのバリューセットにオマケでついてた「ポケモンのおもちゃ」「ポケモンのミニフィギュア」「ポケモンのカードゲームのカード」「おもちゃのカメラ」、これがマストで持っていくもの。あとは日によって違うんですが、「アンパンマンのゲーム機」「マグネット系のおもちゃ」などもベッドに持っていく。

 大量のおもちゃをベッドに持っていって、何をするのか? ココとオレたちが寝ているダブルベッドの隣に赤ちゃん用ベッドがあるんですが、そこにこれらのおもちゃをポイッと投げ入れる。ただそれだけ! これをもう半年ほど続けてます。赤ちゃんベッドの上がおもちゃだらけで汚いじゃないですか。なので、おもちゃをベッドに持ち込むことを始めた時、ココがウトウトしてる隙に片付けていたら、その音でココが起きてしまって「ダメ~~~! 触っちゃダメ~~~~~!」とこれまたものすごい声で叫ぶ! いや大げさじゃなくて、ホントにデカイ声なんですよ!

 以来、ベッドのおもちゃは朝まで置いたままにしてます。そして朝になったらなったで、ココは「ポケモン持ってく!」と寝起きなのにベッドにあるおもちゃ全部を持ってリビングに行くわけです。しかも最近は「父ちゃんもママも持って!」と、オレと妻にもおもちゃを持たせる! 持たないと「持って!」とまたデカイ声で叫ぶ! まあ、妻はこの時点では寝てるから、ココも妻には強制しないんですけどね。夜寝る時にオレと妻に「持って! 持って!」と叫ぶので、ココと3人でおもちゃを持ってベッドに行く毎日です。なんだかよくわからんこだわりが出てきたみたいです。

 ベッドに入ってもすぐには寝ません。最近はオレが絵本を読んであげてます。ココのお気に入りは「桃太郎」と「浦島太郎」です。もう1カ月くらい読んでるんじゃないか? ココも出だしの「むかし、むかしあるところにおじいさんとおばあさんがいました」と言えるようになってきました。この調子だと物語を全部言えるようになるのかも。まあオレも毎晩読んでるのでマジで飽きてるんだけど、ココがホント楽しそうに聞いてるから仕方ないですよ。ココが飽きるまで読む! 絵本が終わったら、妻がおっぱいあげて寝るという流れです。

 ココが寝てようやくオレも妻も時間ができるので、妻は仕事を始めてオレは本やテレビを見られるわけです。まあ、夜中の1時過ぎてるので、自分の時間は1時間くらい。ま、もう慣れたんですけどね。とにかく! あと1カ月弱で幼稚園が始まるので、それまでに早く寝るクセをつけないと!

入園すれば強制的に規則正しい生活になるはず

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク