出しゃばりなロックンロールおじさん

内田裕也「俺にも取材しろ」!? 樹木希林の「全身がん」告白に便乗か

kikifamily.jpg
「Switch」Vol.22No.10/スイッチ
・パブリッシング

 「第36回日本アカデミー賞」授賞式の最中、突然、がんであることを告白した樹木希林。最優秀主演女優賞受賞者は、翌年の授賞式で司会を務めるのが慣例となっているが、「全身がんのため、来年の仕事は約束できない」と語ったのだ。各マスコミも事の真相を突き止めるべく取材を進めているが、この件について樹木は、取材を受け付けないスタンスを取ったようだ。自宅で直撃取材を行った記者が語る。

「自宅のインターフォンを押せば、本人が対応してくれるのですが、『この件に関しては、お話ししません』と断られてしまいました。しかしこちらがあきらめずに、次々と話題を振れば、なんとなくですがコメントはしてくれます」

 当初は「樹木なりのブラックジョーク」という説もあったが、さまざまなコメントをつなぎ合わせると、「がんと診断されたのは事実」ということのようだ。この一件について、メディア関係者からは「あの場でここまでの重大発表をしたことで、当日主役となるはずだった沢尻エリカを完全に食ってしまった」と、樹木を称賛する声まで上がっている。しかしその裏側で、樹木の夫である内田裕也は、相当株を下げてしまう行動を取っていたようだ。

「内田は報道各社に対して、『(樹木のニュースで)俺の名前を出すなら連絡をしろ』などと、自ら連絡して回っていたようです。そして電話口で対応したスタッフに対して、『自分は彼女についていろいろと話ができる』と売り込みまでしてくる。つまりは『俺にも取材しろ』と言いたいのでしょうね」(ワイドショースタッフ)

 すでに30年以上の別居生活を続け、2011年に内田が強要未遂と住居侵入で逮捕された際は、「できれば今世は離れたままで、来世は絶対に会わないようにしたい」と話していた樹木。それでも離婚しないところを見ると、2人の絆を感じなくはないが、前出スタッフは、内田の行動に疑問を呈する。

「オセロ・中島知子の洗脳事件の時、マスコミはネタを欲しがるあまりに、マンションの家主である本木雅弘だけでなく、義母である樹木、さらには内田にまで話を聞きに行った。そのことで内田は味をしめたのかもしれませんが……妻の病気をネタに出しゃばるのでは、さすがに引いてしまいます」

 この内田の“戦略”を樹木が把握しているのか定かではないが、こうしたイザコザも、この夫婦にとっては日常茶飯事なのかもしれない。

内田裕也はしぶとく生きそうだな

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク