鳴り物入りの新番組大爆死

とんねるず大ピンチ! ゴールデン視聴率が3.9%、3.2%の“消費税割れ”

hareton.jpg
『ハレバレとんねるず 略してテレと
ん』(テレビ東京系)公式サイトより

 3月11日に放送された『ハレバレとんねるず 略してテレとん』(テレビ東京系)第2弾の視聴率が、3.9%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)だったことがわかった。昨年9月、とんねるずが初のテレビ出演を果たしたテレビ東京に、およそ30年ぶりに凱旋すると銘打った同番組。第1弾の視聴率はいまいち振るわなかったが、今回はさらに数字を下げる結果となってしまった。

  “素人イジリ”に定評のあるとんねるずが商店街に訪れる企画など、「とんねるず×素人」をテーマに制作されている『テレとん』。第1弾では、とんねるずが大勢の社員に囲まれてテレビ東京本社に案内されるという、同局の番組に対する力の入れ込みようが伝わる場面も見受けられた。

 第2弾の放送前には、東京・渋谷の街を宣伝トラックが走行しており、放送前日の午後2~4時には第1弾の再放送が行われ、視聴率は5.2%を獲得していた。しかし、フタを開けてみれば第2弾は午後8~10時とゴールデンタイムにもかかわらず、再放送よりも低い3.9%という驚異の低視聴率を記録してしまったのだ。

 当日は裏でスペシャル番組の放送が多く、『グッときた名場面 ベスト60』(日本テレビ系)は13.7%、『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(テレビ朝日系)が12.0%、『ネプリーグ 』(フジテレビ系)が12.5%と、高視聴率を獲っていたのも、『テレとん』惨敗の要因だろう。

 また、石橋貴明出演の『日曜ゴールデンで何やってんだテレビ』(TBS系)も、視聴率不振が続いている。お笑い界の大物・ビートたけしとタッグを組み、昨年10月に鳴り物入りで始まったが、7~9%だった当初に比べ、直近では5%前後に。3月3日の放送では裏番組の『2013 WBC』(テレビ朝日系)の影響も大きかったのか、3.2%と過去最低の数字を記録していた。

 出演番組が軒並み低視聴率を繰り返してしまっているとんねるずだが、『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)は、今年1月からの数字で10~12%と、まずまずの成績であることが唯一の救いだろう。

 『テレとん』については、今回の数字を見ると第3弾が制作される可能性は厳しそうだが、視聴者からは「とんねるずは素人と絡むと最高」「日曜とかに家族で見たい」といった好意的な声も上がっている。とんねるずの力量が試される『テレとん』は、2回の放送で終了を迎えてしまうのか、果たして――。

視聴率って残酷……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 新春ジャニオタ放談
  15. “消えたAKB48”河西智美は今
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー