アメリカに激震!

犯人は人気ドラマの主人公気取り? オバマ夫人らの口座や社会保障番号が流出

Obama.jpg
大統領周辺の情報ってそんな簡単に漏れるの?

 パソコンを遠隔操作してネット上の掲示板に大量殺人予告を書き込んだとして会社員を逮捕したものの、決定的な証拠がなく捜査の限界が露呈してしまった日本の警察。一方、IT大国・アメリカでは今、FBIが国家のメンツをかけて、とあるハッカーを追いかけている。

 米紙「USAトゥディ」電子版によると、11日、ロシアのドメインサービスを使用した「The Secret Files」というサイトが突然ウェブ上に現れ、セレブや政府関係者ら、著名人の経済状況がわかる個人情報を流出させたとのこと。被害に遭ったのは、ビヨンセ、ジェイ・Z、キム・カーダシアン、パリス・ヒルトン、メル・ギブソン、アシュトン・カッチャー、ブリトニー・スピアーズ、ハルク・ホーガンなど、エンターテインメント業界で活躍するセレブに、テレビでおなじみの実業家ドナルド・トランプ。大統領選で共和党副大統領候補になったことがあるサラ・ペイリンに、前カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー。そして、ミシェル・オバマ米大統領夫人、ジョー・バイデン副大統領.、アル・ゴア元副大統領、米連邦捜査局(FBI)のロバート・モラー長官、ヒラリー・クリントン前国務長官、エリック・ハンプトン・ホルダー司法長官、ロサンゼルス市警察長のチャーリー・ベックと、そうそうたる大物たちばかりだ。


 オバマ大統領夫人とバイデン副大統領、クリントン前国務長官に関しては、住所とこれまでの財務歴がわかる支払いや借金などの情が掲載されているが、多くのセレブたちが、これに加え、社会保障番号、借り入れ額、クレジットカード情報、自動車ローン、銀行取引など、経済状況がわかる情報が晒されているとのこと。ゴシップ芸能サイト「TMZ」によると、個人的な銀行口座の情報と社会保障番号があれば、金を引きおろすことができるそうで、すでにこの手の犯罪にも使われている可能性もあるという。

 FBIによると、今回の事件は「doxxing」と呼ばれる、標的にした者の個人情報等を公開するネット上の攻撃であるとのこと。ロサンゼルス市警察も「本件はdoxxingであり、必ずしもハッキングとは限らない。警察長は過去に2回、似たような被害に遭っている」「公開された情報の大半は、簡単に入手できるものであり、犯人は情報を継ぎはぎしたのだろう」との声明を発表している。とはいえ、事態は深刻であり、ロサンゼルス市警察は捜査を開始したとも発表。オバマ大統領とバイデン副大統領、そして彼らの家族を警備するシークレットサービスも、調査を始めたと伝えられている。

 長官の情報を晒されてしまったFBIだが、「TMZ」によると、サイトが公開される以前から捜査を行っていたとのことで、犯人の住み家もほぼ特定できているそうだ。問題のサイトはすでに閲覧できなくなっているが、ネット上に一度流れた情報を消すことは不可能である。ハッカーは一体何が目的でこんなことをしたのか、さまざまな臆測が飛び交っているが、「TMZ」は、犯人は自分のことを人気ドラマ『デクスター 警察官は殺人鬼』の主人公とダブらせ、「アウトローなヒーロー」気分になっているようだとの見解を示している。

 「TMZ」は、その根拠を2つ示した。まず、ウェブサイトの冒頭に『デクスター』シーズン2ファイナルエピソード「デクスターの掟」に出てくる台詞、「神が奇跡を起こすと信じるのならば、悪魔だって奇跡を起こすのではと疑いたくなるもんだ」という言葉を掲載したと指摘。次に、動画投稿サイト「YouTube」に掲載されているこの台詞が入ったシーンの動画へのリンクが、サイトのソースコードに埋め込まれていたということを明かしている。

 『デクスター』は、マイアミ警察殺人課の血痕分析官が主人公の物語。彼自身、欲求を抑えられない殺人者であるが、法律の網の目をすり抜けて殺人を繰り返していた凶悪犯だけを狙う。ターゲットは救いようのない極悪人であり、法の許しを得ずに正義を執行するヴィジランティズム(自警主義)を描いた作品である。事件のハッカーもヴィジランティズムを気取り、金持ちで権力もある彼らの経済的な個人情報を晒すことで制裁を加えた気分になっているのかもしれない。

 ちなみに、ウェブサイトはハッカーのTwitterアカウントにもリンクされていて、Twitterのプロフィール欄にはロシア語が記載されていたとのこと。訳すと、「警察をファックしろ」だったという。

 アメリカの大物たちの経済情報をネット上に晒した「The Secret Files」のサイトには、目の周りを黒く染めた髪の長い少女が口に指を当てて「シー」という仕草をしている、不気味な白黒写真が大きく掲載されていた。挑発的な姿勢を見せているハッカーを、FBIはいつ捕まえることができるのか。ハッカーのヴィジランティズムは今後も続くのか。全米の注目が集まっている。

この手のセリフの中2病感……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  10. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  11. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  15. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  20. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに