中居くんだけじゃない!

国分太一は「促されないと取材しない」、WBCジャニーズキャスターの明暗

kokubuntaichi04.jpg
好感度は高いはずなんだけど……

 野球ファンのみならず、球界関係者からもクレームが殺到している“侍ジャパン公認サポーター”SMAP・中居正広。ベンチリポーターとして、一塁側のカメラマン席でベンチの様子を伝えているのだが、そのはしゃぎように非難が殺到しているようだ。しかし、プロ野球の現場に取材者として訪れるジャニーズ勢は、ほかにもKAT-TUN・亀梨和也とTOKIO・国分太一がいる。中居への非難で影が薄まっている2人のキャスターとしての評判は、どのようなものなのだろうか。

 亀梨と国分の評価が最も顕著だったのは、侍ジャパンの宮崎キャンプだったという。

「期間は1週間程度と短かったのですが、日々の練習内容がほとんど変化しないキャンプだったので、2人のキャラクターや取材ぶりが、良くも悪くも周囲に観察されていたんです」(スポーツ紙侍ジャパン担当記者)

 まずは、日本テレビ系『Going! Sports&News』のキャスターとして訪れたKAT-TUN・亀梨和也の評判はどうだったのだろうか。

「宮崎キャンプでの亀梨さんの現場評はとてもよかったです。やはり、自身が実力ある野球少年だったこともあり、選手をはじめ裏方のスタッフを敬っている姿が見て取れました。取材時も、テレビのスタッフとベラベラ雑談せず、選手や監督にちゃんと声をかけるので、コミュニケーションが図れていましたね。12球団のキャンプ地で練習メニューをこなす企画に挑戦するなど、体を張っているイメージも、球界関係者には好印象のようです」(同)

 最近では、野球にまつわる仕事で好感度を上げ、男性ファンも増えているといわれる亀梨だが、やはり現場でのウケはすこぶるよさそうだ。一方の国分は、亀梨とは対照的に、こんな悪評が立ってしまっている。

「国分は『すぽると!』(フジテレビ系)のキャスターとして、亀梨と同じ日に宮崎の球場で取材をしていたのですが、とにかくスタッフに促されないと取材をしない。当然、現場での存在感も薄くなってしまい、亀梨のように選手の方から歩み寄られて、談笑するなんてことはありませんでした」(スポーツ番組プロデューサー)

 もっとも、スタンドで見守っていたファンも「亀梨には黄色い声援が飛んでいましたが、国分にはほとんどなかった。国分の隣にいたフジテレビの本田朋子アナの方がキャーキャー言われてましたね」(同)というから切ない話だ。中居も国分も、取材者としての仕事ぶりにおいては、後輩である亀梨に学ぶべきなのかもしれない。

亀梨の野球無双ぶり!

しぃちゃん



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

国分太一は「促されないと取材しない」、WBCジャニーズキャスターの明暗のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! Going! Sports&NewsKAT-TUNSMAPTOKIOWBCすぽると!フジテレビ中居正広亀梨和也侍ジャパン国分太一女子アナ宮崎キャンプ日本テレビ本田朋子野球のニュースならサイゾーウーマンへ!