覆面調査員が行く!

「クーポン」覆面調査員が出動! 美容院クーポンの罠を見抜け!

hairsalon.jpg
Photo By GetHiroshima from Flickr

 「お安い金額で、イイことしたい! 得したい!」という女の欲望を刺激する、「クーポン雑誌」「クーポンサイト」が巷に溢れまくっている現代――。しかしあまりの安さに、「こんなに安くて大丈夫?」「逆に損するなんてやーよ!」と、クーポンに半信半疑の人もいるはず。そんなあなたに向けて、女が特に気になる「美容・健康クーポン」を、世界でも最も「安い!」に弱い大阪出身の女性ライターが、覆面調査員としてレポートしちゃいます!

 今回ご紹介するクーポンは、ずばり「美容院」。カットだけでなく、カラーやパーマ、トリートメントまでしてもらうと、1回行くだけで1万円以上かかることもあり、定期的に髪のケアをしたい人には結構な痛手。クーポンを出している美容院もとても多いことから、「最も気軽に利用されている美容クーポン」といってもいいかもしれない。

 早速、ウェブやスマートフォンなどでも簡単に購入できるサイト「グ●ーポン」でクーポンを検索。今回は、そんな「グ●ーポン」で見つけた、「ねぎったんで!」がモットーの大阪人が思わず呻った2軒の美容院にお邪魔した。

潜入その①
革新技術に騙されないで~「東京都北区・王子神谷のP店」

【メニュー】カット+カラーorパーマorストパー+2種から選べるトリートメント
【クーポン価格】2,680円(78%OFF)

 ≪カット+カラーorパーマorストパー+2種から選べるトリートメント78%OFF!≫のキャッチに釣られ訪ねてみたのは、最寄駅が王子神谷駅のP店。クーポンの割引率の美味しさに釣られたものの、初っ端から愕然! 広告写真によれば、店内は小スペースであっても、青山を思わせる高級感があった。しかし、実際にお店を訪ねてみると、薄暗いビルの軒下店舗で、店の前には手書き風のオシャレとは言えない看板「……うっ! まさか……ここ!? ド田舎の美容院ではないか」と思える門構え(泣)。正直、施術前から「失敗かも」と思えたほどだ。待ちスペースも狭く、美容師の数はたったの2名。

 私は、カラーorパーマorストパーからカラーをオーダー。施術後のトリートメントは、頭皮のマッサージとケアの「スキャルプトリートメント」か、色味補正、油分補正をしながらグロスケアをする「エンジェルグロス」の2種(各通常価格4,000円)から選ぶことができる。実に、クーポンのお値段は通常のトリートメントよりも格安なのである。

 ちなみに、この「エンジェルグロス」は、美容業界でも「革新技術」として話題を集めているという。最上級グロスを与えながら、「補修」や「補正」で美髪を作る技術なのだとか。簡単に言ってしまうと、このトリートメントを施術すると、天使の輪(!)ができるらしい。

 しかし、担当美容師のお兄さんに「頭皮マッサージとどっちがいいの?」と聞いてみると、「エンジェルグロスだとマッサージとかなしで、ただトリートメントをするだけだし……頭皮マッサージの方が気持ちいいと思いますよ。こっちの方が評判いいし」 というので、スキャルプトリートメントを選択。美容院では、ワケのわからない美容用語に遭遇することもあると思うが、なんとなく乗っかるのではなく、まずはプロに聞いてみることが一番だ。

 実際に施術がスタート。クーポン価格たったの【2,680円】にもかかわらず、その丁寧さに驚く。トリートメント工程では、30分以上もかけて頭皮のマッサージをしてくれた。正直、とても安い体験に、「グ●ーポンさまありがとう!」と言いたくなった。

クーポン満足度評価/★★★★★(5)
リピーター思案評価/★☆☆☆☆(1)

※通常価格カット+カラーで8,600円はやっぱり高い!

潜入その②
突如始まる新人カラー指導に愕然!「新宿のH・L店」

【メニュー】カット+カラーorパーマ+選べるトリートメント
【クーポン価格】3,500円(70%超OFF)

 ≪カット+カラーorパーマ+選べるトリートメント≫≪都会のスタイリッシュ空間で、高いデザイン技術を体験≫――。そんなキャッチが目に留まり、「グ●ーポン」のサイトから、お店のホームページにジャンプすると、私のような安物好きがクーポンを使って行くには、「あまりにも敷居が高すぎるゾ」と感じるほどの写真が掲載されていた。こんなクオリティーが高いなら、通常価格の70%以上も安いクーポン価格【3,500円】は、最高のコストパフォーマンスだと、期待に胸を膨らませて予約。しかし、実際にお店を訪れてみると……

 店員が「お待ちください」と案内したイスは、高級とはお世辞も言えない代物。「お荷物はココへ」というロッカーは、会社や学校にある金属製。さらに、目の前にはペットボトルなどが並ぶ、冷蔵庫まで。オイ! ここは銭湯か……。

 そして、施術開始。担当は一見若そうだけど、実は8年目の超若作りしたプチイケメン。それはそれでいいのだが、カラーの段階で、まだ手付きもおぼつかない新人の女性とバトンタッチしてしまったのだ! そこで、「根元から塗ってよね。できるだけ、髪を引っ張りながら。あと、皮膚とかにカラー剤をつけないように」と、カラー指導が始まったことには、正直驚いた。

 新人美容師の危ういカラー。途中から担当のプチイケメンも手を貸したが、明らかにカラー剤の塗り方に差がある。「一応、クーポンで前金は支払っているんだ! 塗りムラは勘弁してくださ~い」と心の中で願う(泣)。

 その上、ここでもう1つの驚きは、クーポンメニューにあった「トリートメント」(通常価格1,050円)」が、カラー剤にブチ込まれて、知らぬ間に終了していたのだ。

 もちろん、「選べる」と聞いていた、毛髪内部の補修を行う「パワーディクト」、髪の強度アップを目指す「生コラーゲン・ケラチン」、水分量の安定、極上のつや感を目指す「H4G(ナノ還元水素水)」のトリートメントの説明もなく、「トリートメント剤は、お客さまの髪質に合わせて、こちらで選びましたから」の一言で終了。実際、どのトリートメントだったのか、不明のままに終わった。

 その後シャンプーでカラー剤を落として、カットへ。「似合うようにしてくれたらいいわ」とオーダーすると、「ん~今の状態は、ただボリュームがあるだけですよね。ショートにして、軽い感じにしましょう」とプチイケメンの中だけ納得。でも、私の髪はクセ毛。実は、多くの美容院で、「クセ毛は、一度乾かしてから、クセ毛の状態に合わせてカットする、『ドライカット』が無難」といわれたのだが、このプチイケメンは、自分のやり方で濡れたまんま、バサバサとカットし出したのである! 正直、「大丈夫?」と不安がよぎった。そして、約2時間の施術が終了したのだが、仕上がりは最悪。ニコニコしているのは、プチイケメンだけ……。

 気の利いた会話ひとつできない、スタイリストとの時間も苦痛だった。美容院はホストクラブではないと言われてしまえば、もちろんそれまでだが、美容院だって接客業。多少の会話技術の習得もお願いしたい。

 メニューにのっとった施術をしない、カットのカウンセリングも曖昧、トークもNG。ってことで、ほかのお客さまはどうかわからないないけど、私的には「2度と行きたくない! 金返せ~~~~!」と言いたくなった美容院ではあった。

クーポン満足度評価/☆☆☆☆☆(0)
リピーター思案評価/☆☆☆☆☆(0)

※むしろ、マイナス10☆くらい! 評価する価値なし!

吉原杏(よしわら・あんず)
大阪生まれ、大阪育ち。好きなモノは小銭。好きな場所はリサイクルショップに100円均一。美容・健康オタクとしてプチ整形、数々のダイエット法に挑戦したことも。数々の携帯小説家、『株一年生~ゼロからわかる株の教科書~』(オープンアップス)などのアプリ作家として活動。

私もクーポンで和田アキ子ヘアにされたことある

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー